【映像解説】海外は嫌だ--新入社員のグローバル意識

【映像解説】海外は嫌だ--新入社員のグローバル意識

2010年春に入社した社員は「ゆとり世代1期生」と呼ばれている。

この「ゆとり世代1期生」のうち約半数が海外で働きたくないと考えていることが産業能率大学の調査で明らかになった。

調査によると「海外で働きたいと思うか?」という質問に対して「海外で働きたくない」と回答したのが49%だった。

01年にも同様の調査をしたが、その時に「海外で働きたくない」と回答したのは29%。
9年間で20ポイントも上昇したことになる。

一方、「どんな国でもいいから、海外で働きたい」と答えたのが27%。01年にはこの比率が17%だった。

海外を拒否する比率が高まっているが、海外志向も高まっており、「グローバル意識の2極化」が強まっていると言える。

今春、企業に入社した「ゆとり一期生」のグローバル意識について東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之が解説する。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT