【映像解説】海外は嫌だ--新入社員のグローバル意識

【映像解説】海外は嫌だ--新入社員のグローバル意識

2010年春に入社した社員は「ゆとり世代1期生」と呼ばれている。

この「ゆとり世代1期生」のうち約半数が海外で働きたくないと考えていることが産業能率大学の調査で明らかになった。

調査によると「海外で働きたいと思うか?」という質問に対して「海外で働きたくない」と回答したのが49%だった。

01年にも同様の調査をしたが、その時に「海外で働きたくない」と回答したのは29%。
9年間で20ポイントも上昇したことになる。

一方、「どんな国でもいいから、海外で働きたい」と答えたのが27%。01年にはこの比率が17%だった。

海外を拒否する比率が高まっているが、海外志向も高まっており、「グローバル意識の2極化」が強まっていると言える。

今春、企業に入社した「ゆとり一期生」のグローバル意識について東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之が解説する。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。