すみれいこ、「メロディ重視ジャズ」で世界へ

ジャズ界に期待のスタートアップ

すみれドラムを想定していなかったので、なかなかしっくりこなかったんです。

坂本聴いているほうは「いいじゃん」と思うんだけど、すみれちゃんのなかではすみれいこのデュオのイメージがある。だから、もともとデュオでやっていた曲が一番難航しました。

ジャズって、いろいろな人にカバーされてスタンダード曲になっていく。2人の曲は両方メロディックだから「どんな楽器でもいいんじゃないか」って、聴いているほうは思うんだよね。お客様もそう思っているんじゃないかな。

坂本涼子:ディスクユニオンDIWプロダクツ・グループ(制作部)勤務。2014年、「新進気鋭ミュージシャンの紹介」と「21世紀のジャズスタンダード曲創出」をコンセプトとするモダン・ジャズの新レーベルSOMESHIN'COOL(サムシンクール)を設立。

坂本ジャズは時代を反映する音楽ですから、これからのジャズは、曲とかメロディをより重視する方向になると思うんです。私がレーベルを始めた理由も、そこにあります。これまでのように「修行型」「道場破り型」というのもカッコいいですし、私もすごく尊敬していますが、21世紀のジャズっていうのは、「聴かせ」て、いろいろな人に聴いてもらうことなんじゃないか、と。そういう意味で2人は1歩先を行っているという印象を受けています。

れいこ「すみれいこ」としての演奏しか聴いたことがなかった人が、すみれちゃんのアルバム「TOYS」でトリオを聴いて、「新鮮だった」と言っていましたよ。

すみれ嬉しいです!

れいこ今は、その曲を作った人だけが演奏する風潮がある。もっと、私たちもほかの人の曲を演奏していきたいし、逆に、自分たちの曲も、どんどんほかの方に演奏して欲しいと思います。

坂本ジャズってカバーの文化。今、みんながゴリゴリとアドリブを突き詰めて研究しているスタンダード曲だって、当時の新曲なんです。当時の新曲でありヒット曲を、みんながカバーしてスタンダードになった。今だって同じことをして、未来に続けていかないとおかしいわけです。

作り手のほうも、どんどん新しいものを紹介していく義務があると思うのですが、ジャズって「新しいジャズ」というと敬遠されたり、敷居が高いと思われがちです。「やっぱり昔のスタンダードが聴きたいな」とか、「聴き方が分からない」とか……。その気持ちもすごくわかるんです。私自身一番好きな音楽は1950~60年代の「ハードバップ」だったりするので(笑)。

でも2人の素晴らしいところは、実力をそなえつつ新しい世界を作っているところ。2人の尊敬するミュージシャンを聞かせてください。

次ページ触発されるものは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT