スクーが描く、「社会人教育の未来」とは?

<動画>東洋経済スタートアップセミナー第3回

2014年10月17日(金)に東京・六本木のアカデミーヒルズで開催した第3回東洋経済スタートアップセミナー。テーマは「これからの時代を生き抜く極意」。同セミナーのゲストとして登壇したスクーの森健志郎社長は、オンライン授業を提供するWEB上の学校『schoo(スクー)WEB-campus』を立ち上げ。森社長が見据える「学歴革命」とは、いったいどのようなものなのだろうか。

インターネットに教育のフィールドが移ると、何が変わるのか。教育の無償化や多彩なコンテンツへのアクセスなど指摘する声があるが、森氏は「一番大きな変化は学歴革命」だと語る。インターネットの特徴はログが残ること。たとえば、インターネットでアクセスした電子書籍からクイズアプリ、動画の学習サービスにいたるまで、インターネット上でどのような本を読み、どのような講座を受けたのか、それらの履歴をすべてログとして残すことができる。

「学習ログ」が個人の可能性を広げる

多くの人々がインターネットで教育を受け、それらが膨大に蓄積されていけば「こうした学習ログを蓄積している人は、こんな学問領域にも興味を広げている。あるいは、こんなキャリアを形成している」といった、精度の高い新たな学習コンテンツとのマッチングやジョブマッチングが可能になる。

そこでは、自分が思いもつかなかったような学習コンテンツが提案されるかも知れない。逆に、目指すべき仕事で活躍している人々の学習ログを知ることで、学びへの意欲をドライブさせていくこともあるだろう。

そこには、インターネットだからこその体験が待っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。