すみれいこ、「メロディ重視ジャズ」で世界へ

ジャズ界に期待のスタートアップ

――多くの人に聴いてもらうという観点で言えば、音楽としてしっかりしていることのほかに、広く使われるということも重要ですよね。テレビで使われたり。

坂本そう。広がって行かないといけませんね。今は広める手段もインターネットなど、いろいろありますからね。CDだけじゃないので。2人の活動もどんどん広がってほしいなと思います。

れいこ生演奏はぜひ聴いてほしいですね。ライブはお客さんの雰囲気によってまったく変わってくるものですから。

すみれ本当に変わりますね。

坂本レコードを作っている立場から言うと、CDにして繰り返し聴きたい曲と、ライブでの臨場感を味わいたい曲とは違うんですよね。アドリブを「ギャー」ってやっているのを、CDにして繰り返し聞きたいかというと、それは違う。ライブでしか味わえないものがある。ライブには、その場でのインタープレイの楽しさがあります。

――半年後とか2年後に「こうなっていたい」という未来像はありますか?

すみれ:2人でたまたま丸の内のコットンクラブに行ったときに見た、あるヨーロッパのアーティストライブがちょうど10周年ライブだったんです。それを見て、「私たちも10周年のときにはコットンクラブに出たい、そして海外進出!」と思いました。とりあえずコットンクラブに出ないとね。私たちは今、結成3年だから、あと7年ですね。

坂本これからという意味だと、2人の新録音が聴ける機会も年末にちょっと作ろうと思っているんです。秋にレコーディングをするんですが、2人と志を同じくするメンバーも加えながら。「変則すみれいこプラス」のような形での演奏を実現したいと思っています。

ユニット名は今後変わるかもしれない?

――そういえばユニット名はどうやって決めたんですか?

リーダーアルバム 左:栗林すみれトリオ「TOYS」、中:すみれいこ「Blue Bird」、右:山本玲子「TEMPUS FUGIT」

すみれユニット名もここで決めたんだよね。“すみれ”と“れいこ”だから、“すみれいこ”。

れいこ安直だね。改名したほうがいいかな?

坂本次にレコーディングするときとかに考えますか?

すみれ坂本さんのネーミングセンスもなかなかですよ。アルバム名が「バイオレットムード」になるはずだったからね。恥ずかしすぎる(笑)。でも結局、数量限定の特典盤(配布終了)は「バイオレット・フォー・ユー」になっちゃいました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT