すみれいこ、「メロディ重視ジャズ」で世界へ

ジャズ界に期待のスタートアップ

れいこヴィブラフォン奏者ではミルト・ジャクソンやゲイリー・バートンが好きです。もともと私はクラシック出身なので、オーケストラ作品なども聴きます。作曲をしていると、ベートーヴェンとかモーツァルトとか、どういう脳みそしているんだろうと思うんですよ。好き嫌いはきっとあると思うのですが、先人たちが作ってきた、ジャズを含むさまざまなジャンルの音楽すべてを尊敬しています。

触発されるのは、作曲家よりもプレイヤーですね。その人の考え方だったり、音楽に対する姿勢に影響を受けます。

さまざまなミュージシャンの音楽から学ぶもの

すみれ私は、1人あげるとしたらキース・ジャレットが好きですが、ビル・エヴァンスも好きです。ほかにもたくさん好きなピアニストがいます。

大学では「ビバップは基本」という感じだったので、黒人がルーツになっているビバップを、「どうやったら習得できるのか」を、ずっと考えていました。でも今では、そういう勉強に加えて、自分がものすごく好きなものを、ジャンルを問わずたくさん集めて、そのなかから、自分が「楽しい」と思えるエッセンスを新しい曲や即興として出していくことができたら、と思っています。そうすれば、現代のミュージシャンとしてやっている意味があると思うのです。前よりも幅広く音楽を聴くことを意識するようになっていますね。最近では旅行に出かけて、現地の音楽や民謡も聴いています。

坂本バックグラウンドと言えば、すみれちゃんのお父さんはお琴の先生、れいこちゃんはお寺の娘さん。木魚やお経を聴いて育ったんだよね。2人とも和のバックグラウンドを持っています。

日本人のミュージシャンのオリジナル性は、海外で高く評価され始めています。作られた曲には、日本人独特の情緒や哀愁が無意識に溶け込んでいるんです。「なぜ日本人はこんな曲が書けるんだ」って、海外のプロデューサーに言われたりすることもあります。だったらもっと積極的に日本人の作品を紹介してよって思うんですけど(笑)。日本人ミュージシャンはもっと自信を持って新曲を発表してほしいですね。

「That Blue Bird」はれいこさんの曲で、洋風でもあり和風でもあり、最初の8小節でいいなって思える曲ですよね。いい曲って、10秒聴いただけで「いい」と思える。キャッチーであるかということ。それはジャズだろうがポップスだろうが同じで、曲というものに焦点を当てたときにそういう現代のキャッチーな感性を2人はすごく持っているという印象です。

次ページジャズ界からヒット曲を
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT