すみれいこ、「メロディ重視ジャズ」で世界へ

ジャズ界に期待のスタートアップ

山本玲子:8月30日、東京南青山/ブルーノート東京 Photo by Tsuneo Koga

坂本「Violet For Your Furs(バイオレット・フォー・ユア・ファーズ)」(邦題:コートにすみれを)という古い曲を収録しています。すみれちゃんはスタンダード曲をやらせてもお上手ですから。語呂的にちょうどいいな、と(笑)

私には、ジャズからヒットを出したいという願いがあるんです。それこそ、ビルボードチャートとかに入ってくるような。グラミー賞を取るでもいいんですけど。だからそういう意味でも、さっきいった曲づくりって話につながってくるんです。

「ヒット曲を作る」という感覚を持っているジャズ・ミュージシャンって少ないかも。まぁミュージシャンは本来そういうこと抜きに純粋に音楽をするものですが。みんな「こういうフレーズを吹けるようになりた」いとか、「チャーリー・パーカーみたいになりたい」とかいう願望はあるんだけど、「自分の曲を売りたい」というのはあまり聞いたことがない。ヒット曲があると、クラシックだろうが何だろうが潤うんですよね。ジャズはダメだとか言っている某コラムが最近ありましたけれど、「そんなこと言われて凹んでいる暇があったらいい曲を書きなさい」というふうに常々言っているんです。

そのうち、何かをやらかします

坂本その点、2人の曲はすごくいいです。だからそのうち何かをやらかしますよ。あと、ジャズは2017年で100周年なんです。正確には、世界で初めてのジャズレコードが発売されたのが1917年。だから2018年は2人のスタートアップの年にもしたいですね。

――例えばYouTubeには600万人ものファンがいるようなアーティストもいます。世界デビューのためには、いろいろな手段があります。

すみれYouTubeはほんとうに便利。もちろん参考にしたりもするし。iPhoneで夜中に「かっこいい」って泣きながら聴いていたりするもんね。

坂本とはいえ、日本では、まだレコードの文化が大きいかもしれません。パッケージをていねいにつくってコレクションして喜んでもらう、というのも本当に大事なんです。そこのバランスが難しいですね。

(構成:圓岡志麻、撮影:尾形文繁、取材協力:大泉学園in F

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT