「大銀行のトップ」になるのだけは勘弁

松本大 マネックス証券代表取締役社長CEOの好き嫌い(下)

松本:メガバンクの頭取とか(笑)。

楠木:アクセル踏まないでクリープしているだけだろ、みたいな(笑)。

松本:いや、あれはアイドリングですよ。

楠木:そういう人は「俺が踏んだらすげえぜ」と言っていますね。でも、本当に踏んだら危ないことになる……。

松本:踏んでみろよ。踏んでくれよ。見せてくれと(笑)。

自分の衰えを認識する

楠木:でも、高回転ですと、どんなにオイルを注いでもいつかは切れてしまいますが、引退は意識されていますか。

松本:引退ではありませんが、自分は衰えてきているという事実をつねに認識しています。僕は1963年生まれ、63年式の車なのです。63年式のコルベット・スティングレーは超カッコいい。今でも走るし、味もあるけれど、63年式です。性能で2012年式の車に勝てるわけがない。だから、自分は63年式だという事実は、絶対、忘れてはいけないと思っています。自分は陳腐化しているという自覚です。ビジネスの対象は「今」です。日本の人口全体の平均年齢はゆっくり上昇していく。自分は1歳年を取るごとに、ビジネスの対象である「今」の平均年齢からどんどん遠ざかっているのです。そのことを強烈に意識しています。還暦を迎えるときにはすっぱり辞めると言っています。

楠木:引退したら、高回転のための別の負荷が必要になるでしょうね。たとえば海辺の家で、モニターを4面ぐらい並べて個人投資家としてトレーディングするとか。駅前サウナでもかまいませんが。

松本:それはやはり海辺の家ですね。酒を飲みながら、肝臓一本勝負で高回転トレーディング!(笑)。

楠木:それは突飛なジジイですね。「おお、レッドゾーン入ってきた!」なんて言って飲んでいたり(笑)。

松本:海辺の家で、酒をガバガバと飲みながら、思う存分トレーディングをしたい。世界中のどこの法律にも、個人投資家が飲酒してトレーディングしてはいけないとは書いてありませんからね(笑)。

取材日:2012年2月9日、構成:青木由美子、撮影:梅谷秀司

楠木教授の新刊はコチラ→『「好き嫌い」と経営』

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。