ゴミからセメントを造る、ゴミ処理場問題に光明

埼玉県西部に位置する日高市。人口5万7000人の同市は、市が収集する可燃ゴミ、粗大ゴミ(不燃物を除く)、業務用ゴミ、不法投棄ゴミのすべてを、市内にある太平洋セメント埼玉工場に持ち込み、セメントにリサイクルしている。

その量は年間約1万5000トン。主なゴミがセメント原料になるほか、レジ袋、トレーなど廃棄プラスチックや木くずなどはセメントを生産する際の燃料にもなる。燃料になるリサイクルはサーマル(熱)リサイクルと呼ばれている。


清掃工場いらずの日高市 市民の分別負担も軽減

「ゴミがセメントになる!?」と不思議に思う読者も多いだろう。

セメントの主要原料は石灰石、主要燃料は石炭であることは知られているが、大ざっぱに言うと、石灰石以外はゴミを原燃料として生産することが可能だ。前工程で重金属など有害成分を除去し、ダイオキシン類はセメントキルン(窯)で1450度で高温焼成されるので、安全に分解される。日本工業規格(JIS)の基準も満たしており、普通セメントとして利用される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。