ゴミからセメントを造る、ゴミ処理場問題に光明

埼玉県西部に位置する日高市。人口5万7000人の同市は、市が収集する可燃ゴミ、粗大ゴミ(不燃物を除く)、業務用ゴミ、不法投棄ゴミのすべてを、市内にある太平洋セメント埼玉工場に持ち込み、セメントにリサイクルしている。

その量は年間約1万5000トン。主なゴミがセメント原料になるほか、レジ袋、トレーなど廃棄プラスチックや木くずなどはセメントを生産する際の燃料にもなる。燃料になるリサイクルはサーマル(熱)リサイクルと呼ばれている。


清掃工場いらずの日高市 市民の分別負担も軽減

「ゴミがセメントになる!?」と不思議に思う読者も多いだろう。

セメントの主要原料は石灰石、主要燃料は石炭であることは知られているが、大ざっぱに言うと、石灰石以外はゴミを原燃料として生産することが可能だ。前工程で重金属など有害成分を除去し、ダイオキシン類はセメントキルン(窯)で1450度で高温焼成されるので、安全に分解される。日本工業規格(JIS)の基準も満たしており、普通セメントとして利用される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT