ゴミからセメントを造る、ゴミ処理場問題に光明


 すでにセメント1トン当たりの廃棄物・副産物使用量は448キログラム(2008年度、セメント協会統計)になっている。セメントの約半分はゴミからできている計算だ。

中でも特に量が多いのが、高炉から出るスラグ、火力発電所から出る石炭灰、下水処理場から出る汚泥など。畜産・食肉産業から出る肉骨粉も原燃料になる。新日本製鉄など高炉系のセメントメーカーも多いが、こうしたメーカーはセメントで利益を上げることより、廃棄物処理が主目的。セメント産業は日本経済を支える「静脈産業」といえるのだ。

ゴミがセメントにリサイクルできるということで、冒頭の日高市は02年11月、太平洋セメント埼玉工場に収集したゴミの処理を委託した。

全国で多くの自治体が、ゴミのリサイクル(資源化)のためゴミ分別を厳しくしており、市民の負担は重い。ところが日高市では、02年12月から逆にゴミ分別を緩くしている。容器リサイクル法により飲料用の金属缶、ガラス瓶、PETボトルは別途リサイクルするが、それ以外の生ゴミ、紙・プラスチック類、欠けたガラス・陶磁器などはまとめて収集する。市民の分別負担も軽い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT