割り切った操作性で一眼とコンパクト機のいいとこ取り--ソニーのミラーレスカメラ「NEXシリーズ」《東洋経済モノ奉行》


 背景をボケさせるには被写界深度を浅くする(ピントが合う範囲を狭くする)必要があるが、センサーが大きいほど被写界深度は浅くなる。大判センサーを搭載したNEXは、コンパクトデジカメに比べこのボケが簡単に表現できる。
 
 わが家に花畑はないので、代わりに愛猫を被写体に試してみた。


■NEXの場合。手前の肉球にピントを合わせると、奥がしっかりとボケる。撮影モードはカメラが自動設定するおまかせモード。


■コンパクトデジタルカメラの場合。手前の肉球にピントを合わせても、奥のボケはさほどではない。絞り優先モードで、絞り値(F値)を最小の2.0にして被写界深度を浅くしボケやすくはしてあるが……。

コンパクトさでも秀でている。
 
 NEXシリーズのフランジバック長(センサー面からレンズマウント=接続=面までの距離)は18ミリ。従来のαシリーズのわずか4割、競合のミラーレス機と比べてもさらに2ミリ短く、レンズ交換式カメラとしては世界最短(5月の製品発表時点)だという。ボディの重さもNEX‐5で287グラムと、これまた世界最軽量(同)だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング