割り切った操作性で一眼とコンパクト機のいいとこ取り--ソニーのミラーレスカメラ「NEXシリーズ」《東洋経済モノ奉行》


 背景をボケさせるには被写界深度を浅くする(ピントが合う範囲を狭くする)必要があるが、センサーが大きいほど被写界深度は浅くなる。大判センサーを搭載したNEXは、コンパクトデジカメに比べこのボケが簡単に表現できる。
 
 わが家に花畑はないので、代わりに愛猫を被写体に試してみた。


■NEXの場合。手前の肉球にピントを合わせると、奥がしっかりとボケる。撮影モードはカメラが自動設定するおまかせモード。


■コンパクトデジタルカメラの場合。手前の肉球にピントを合わせても、奥のボケはさほどではない。絞り優先モードで、絞り値(F値)を最小の2.0にして被写界深度を浅くしボケやすくはしてあるが……。

コンパクトさでも秀でている。
 
 NEXシリーズのフランジバック長(センサー面からレンズマウント=接続=面までの距離)は18ミリ。従来のαシリーズのわずか4割、競合のミラーレス機と比べてもさらに2ミリ短く、レンズ交換式カメラとしては世界最短(5月の製品発表時点)だという。ボディの重さもNEX‐5で287グラムと、これまた世界最軽量(同)だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT