割り切った操作性で一眼とコンパクト機のいいとこ取り--ソニーのミラーレスカメラ「NEXシリーズ」《東洋経済モノ奉行》

印刷
A
A


消えた「アレ」 賛否両論の操作感だが…

実はNEXは、ほぼすべてのデジタルカメラに付いていた「アレ」を廃するという大きな挑戦をしている。アレとは「モードダイヤル」だ。


■これがモードダイヤル(他社製品)

モードダイヤルは、全自動、絞り優先、シャッター速度優先、マニュアルなど、撮影モードを選ぶためにある(コンパクトデジタルの場合は夜景、ポートレートなどのモードが選べる)。
 
 だが多くのカメラユーザーはこのモードをつねに全自動にしたままで、他のモードの意味がいまひとつわからないままなのではないだろうか。モードダイヤルだけではない。一眼レフを手に取って、ボディ上部や背面部に並ぶISO感度やホワイトバランスなどの設定ボタンの多さにたじろいだ人は少なくないはずだ。
 
 これに対しNEXはダイヤルやボタンを極力減らし、背面の2つのボタンで複数の機能を操る独自のユーザーインターフェース(UI)を採用している。


■上面にはモードダイヤルがない


■背面のダイヤルの上下にあるボタン2つで複数の機能を操作する

このUIについては賛否両論だ。
 
 特にカメラを使いなれた人にとっては、本来あるべきボタンがないというのは非常に不便である。また、複数の機能を少ないボタンに割り当てているので、通常ならボタンを1回押せば設定できることでも、2~3回押さなければならないという面倒もある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT