割り切った操作性で一眼とコンパクト機のいいとこ取り--ソニーのミラーレスカメラ「NEXシリーズ」《東洋経済モノ奉行》


 だがNEXを1カ月使ってみて、このUIは実はなかなか使いやすいと記者は感じた。とにかくボタンが少ないので、「あれ?」と思っても適当に触っていれば目的の機能にたどりつくのだ。操作感にクセがあるのは否定しないが、個人的には決して使いにくくはない。

「カタログ作りから始まった」

随所にこだわりの感じられるNEX。開発秘話を、ソニー・パーソナルイメージング&サウンド事業本部の手代木英彦統括部長に聞いた。

--NEXが生まれた経緯は。

ある日、デジタルイメージング事業の本部長に呼ばれてイラストを示され、「こういう小さいカメラを作ってくれ。四の五の言わずにやれ」と。
 
 そのときのイメージは今あるカメラが小さくなったもの。現場で考えてみたら、求められたものは簡単にできるとわかったけれど、「このままじゃ面白い製品じゃないね。もうちょっと違うものにしたい」となった。


■当初のイメージ(右)。確かに従来のαが小さくなっただけの印象

実はモノ自体の設計・開発にはそんなに時間はかからなかった。いちばん時間をかけたのは、その前のコンセプト固め。ここに4カ月ぐらいかけた。通常は発売直前に作る製品カタログを最初に作るという異例の作業もあった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT