割り切った操作性で一眼とコンパクト機のいいとこ取り--ソニーのミラーレスカメラ「NEXシリーズ」《東洋経済モノ奉行》


 だがNEXを1カ月使ってみて、このUIは実はなかなか使いやすいと記者は感じた。とにかくボタンが少ないので、「あれ?」と思っても適当に触っていれば目的の機能にたどりつくのだ。操作感にクセがあるのは否定しないが、個人的には決して使いにくくはない。

「カタログ作りから始まった」

随所にこだわりの感じられるNEX。開発秘話を、ソニー・パーソナルイメージング&サウンド事業本部の手代木英彦統括部長に聞いた。

--NEXが生まれた経緯は。

ある日、デジタルイメージング事業の本部長に呼ばれてイラストを示され、「こういう小さいカメラを作ってくれ。四の五の言わずにやれ」と。
 
 そのときのイメージは今あるカメラが小さくなったもの。現場で考えてみたら、求められたものは簡単にできるとわかったけれど、「このままじゃ面白い製品じゃないね。もうちょっと違うものにしたい」となった。


■当初のイメージ(右)。確かに従来のαが小さくなっただけの印象

実はモノ自体の設計・開発にはそんなに時間はかからなかった。いちばん時間をかけたのは、その前のコンセプト固め。ここに4カ月ぐらいかけた。通常は発売直前に作る製品カタログを最初に作るという異例の作業もあった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT