宇宙にエイリアンがいるのか本気で考えてみたら

「フェルミのパラドックス」vs.「浸透理論」

ひとにぎりのコロニーが成功を収め、4世紀ほどのちに、それらが独自の文明を、みずからのコロニーを送り出せるほど発展させられるとしよう。そうしたコロニーが目的地に着き、成功を収めてから、またみずからのコロニーを送り出し、それを繰り返して天の川銀河に拡大しつづけていくのだ。

銀河に広く入植したエイリアンに私たちが会えない理由

それぞれのコロニーに対し、ランディスは子コロニーを送り出す確率Pと、送り出さない確率1-Pを割り当てている。また、浸透閾値Pcは、入植の波がどれだけ遠くまで届くかを規定する因子だ。PがPcよりはるかに低いと、入植の波は最初の文明の近くで止まってしまう。PがほぼPcと等しければ、入植した恒星系のクラスター(かたまり)ができるものの、その周りにはまだ入植されていない空隙がたくさんある。PがPcよりはるかに高いと、小さな空隙は残るが、入植は広く行きわたる。

このモデルは、ロボットプローブ〔注:小型探査機〕の入植の波に対しても当てはまる。ロボットプローブは機能停止するおそれがある。いずれプログラムが壊れると、入植や探査が止まってしまうのだ。入植の手段がどうであれ、またPとPcをどんな値にするにせよ、最終的な結果はつねに変わらない。

『彼らはどこにいるのか 地球外知的生命をめぐる最新科学』(河出書房新社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

やがて、行き止まりがどんどん増えて、入植の波は天の川銀河を浸透していくうちに、小川へ、細流へと減速し、完全に停止する。空隙の存在は、G‐HATがタイプⅢ文明〔注:ソヴィエトの宇宙物理学者ニコライ・カルダシェフは、宇宙文明のレベルを3段階で考えた。タイプⅢ文明は銀河全体に広がる帝国を実現できる文明を指す〕を発見できなかったわけを説明してくれる。浸透理論にもとづけば、文明が銀河を隅々まで完全に植民地化することはできそうにないのだ。

こうしたすべてが本当なら、われわれは空隙にいる可能性が高く、これでETがそばにいる形跡がまだ見られない理由が説明できるだろう。空隙の大きさは、浸透閾値の大きさによって決まる。われわれは、その先へ入植せずに滅びた古いコロニーの文明に囲まれているのかもしれないのだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT