フランス人夫婦「結婚2年で別居選んだ」納得の訳

カップルの数だけ、カップルの形があっていい

フランスでは、カップルのあり方はかなり多様だ(写真:AzmanL/iStock)

最近、長い間ご無沙汰していた友人たち何人かと会いました。そして驚いたのが、この友人たちの中でも(長く恋愛関係が続いていることで知られていた)非常に絆の固いカップルがかなりハードな別れを経験していたこと。

ふと1つ気がつきました。彼らは数年前、20年間一緒に暮らした後、結婚を決めたばかりなのに、そのわずか数年後にひどい形で離婚したということです。そこで今回は正式な婚姻と、夫婦関係について考えてみたいと思います。

結婚していないカップルのほうが仲がいい?

あくまで私個人の感覚ではありますが、カップルが基本的に愛し合っていて、一緒にいることをいとわなければ、結婚のような法的義務に基づくカップルよりも逆説的に絆が強いことが少なくありません。

この連載の一覧はこちら

実際、私の周りでは結婚していないカップルのほうが長く連れ添っていることが多いようです。ところが、10年ほど一緒にいた後に結婚すると、数年後に離婚してしまう。これは私にとって非常に不思議な「現象」でした。

この件に関しては、フランスは日本とかなり異なります。例えば、フランスでは子どもの両親の6割が「未婚」です。ちなみに、この割合は1970年代には5%で、この数字が今の日本に近いでしょう。

フランスでも長いこと、同棲しながら結婚していない「非夫婦」は超少数派でした。1962年には結婚していない夫婦はわずか2.9%、1975年には2.6%、1982年にはわずか6.3%でした。それが現在では、26%のカップルがこの形を選んでいます。このうち「ユニオン・リブレ」、いわゆる事実婚が19%、法的な婚姻関係は結ばないけれど、ほぼ同じ待遇を受けられる「PACS(民事連帯協約)」が7%となっています。

次ページ同じカップルでも付き合い方は変わる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT