社会人10年目に頻発「漠然とした不安」への対処法

経験を積んできたからこそぶつかる壁がある

社会人10年目くらいの中堅社員には、経験を積んできたからこそぶつかる新しい壁が……(写真:mits/PIXTA)
「10年働いたのに、誇れる仕事が何もない」「今の会社に留まるべきか、転職するか迷う」「マネジメントをしようにも、価値観の違うメンバーに困惑する」など、社会人10年目くらいの中堅社員には、経験を積んできたからこそぶつかる、新しい壁があります。
『社会人10年目の壁を乗り越える仕事のコツ』では、大企業やスタートアップ、日系企業や外資系企業など、様々な環境に身を置いた人材育成の専門家が、よりよいキャリアを築くために大切にしたい「考え方」と「行動」のヒントを紹介しています。
本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。

悩み1:10年働いたのに、誇れることが何もない

「成し遂げたこと」なんて、キャリアに一度あればいい。

とあるドラマを見ていたときのことです。

主人公が若かりし頃、妻になる人にこう話しかけるシーンがありました。

「私はまだ何者でもない。何も成し遂げてはいない」

後年、吉田茂を補佐し戦後の混乱期を復興に向けて導いた、白洲次郎のセリフでした。

人々の記憶に残る大事を成し遂げた人物であっても、駆け出しの頃はまだ、自らを「何者でもない」と評したのです。

このシーンを印象深く見ながら、少しだけホッとしたのを思い出します。あの白洲次郎ですら、こんな焦りを感じていたのか、と。

当時、私は35歳。自分のキャリアについて、悩みを抱えていました。

「自己紹介のときにアピールできることは、会社の肩書き以外には何もない」

「自分の売りになる仕事の成果って何だろう?」

「もう10年以上仕事をしてきたのに、まだ何も成し遂げてはいない」

日々焦ったり、絶望しかけたりしたものでした。

それから歳を重ね、接点を持った何千もの人の様子や、自分自身の四半世紀以上のキャリアを振り返ってみると、気づくことがあります。

次ページ気づいたこととは…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT