タイプ別「困った部下」の効果的な指導の仕方

「楽をしたいタイプ」は仕事への貢献度を褒める

仕事をしない困った部下との付き合い方とは?(写真:USSIE/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャ®」の大野萌子です。

この連載の記事一覧はこちら

部下指導の折には、ハラスメントと言われないよう、指示や命令にことのほか気を遣い、疲弊してしまう管理職の相談が増えています。ひとりでも部下がいれば、自分の仕事以外にマネジメントが要求されます。

そんな中、「ことあるごとに質問されて自分の時間がなくなる」「不満ばかりで自分からは積極的に動かない」「仕事を指示しても『できません』と返答される」といった傾向のある部下を持つとさらに負担は大きくなります。このような部下とは、相手の傾向に合わせて関わり方を工夫する必要があります。

今回は、こうした困った部下の「指示と承認の仕方」について、タイプ別にご紹介します。

「強く威圧的」と率直に簡潔に伝えることは違う

1.自信がなく自己肯定感が低いタイプ

「自信がなく自己肯定感が低いタイプ」は、自ら行動する際に不安にさいなまれやすく、なかなか動けず、無用な質問が多くなります。よって、指示する際には、内容をストレートかつ具体的に伝えることが大切です。やんわり伝えたほうがよいかなと「もう少しいい感じに」「適当に任せたよ」など、曖昧な表現を使うとますます不安になり、かえって業務が滞ります。

強く威圧的に言うことと、率直に簡潔に伝えることは違います。指示命令は、はっきりと自信をもって伝えましょう。また、「○○を△△までに仕上げてください」など、やってほしいことを具体的に伝えることが大切です。多忙なときは指示が雑になりがちですが、曖昧な言葉を使った指導はこのタイプには逆効果です。

そして、承認も同様に、「具体的」を意識するとよいでしょう。自己肯定感が低いため、「よかったよ」など曖昧な褒め方では安心できません。「資料の根拠がわかりやすくてよかった」など、何に対して評価しているのかを明確に伝えることで、少しずつ自分への自信を芽生えさせることができます。

次ページ2つ目のタイプは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT