後発医薬品レースで二極分化する調剤薬局


 このように特許切れ医薬品ビジネスは、大きな盛り上がりを見せている。その一方で、患者の先発医薬品志向は依然として強く(下中段表)、後発医薬品の普及率は先進国中で最も低いのが実情だ(次ページ表)。

また後発医薬品調剤体制加算を取得できていない薬局も多い。大手・中堅薬局の加盟が多い日本保険薬局協会のアンケート調査(6月実施)によれば、取得できていない薬局は5割近くに上る(下上段グラフ)。独立系の中小零細、個人営業を含む全薬局ベースでは、加算取得率はさらに低いとみられる。

「破格の優遇策」「大盤振る舞い」と呼ばれた4月の加算見直しだが、業界では加算を取得できた薬局と、できていない薬局に二極分化している。取得できていない薬局の中には、取得に向けて努力している薬局と、はなからあきらめている薬局が混在するのが実情だ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT