後発医薬品レースで二極分化する調剤薬局


 この薬局でも、医師の判断がネックになっているという。「処方箋を多く出す診療所で、変更不可のサインが多い。そのためなかなか加算取得の要件に達しない」(同薬局長)。また新薬の場合には、薬価差益(仕入れ価格と公定薬価との差額)が見込めるのに対し、「後発医薬品の場合は加算が取れても薬価差益が小さい。そろばん勘定だと言われればそのとおりだが、努力して普及に取り組んでも、次の診療報酬改定の際に、厚労省から加算見直しの仕打ちを受ける心配もある」(同薬局長)。

零細な薬局の中には、はなから後発医薬品をほとんど扱っていない薬局も少なくない。「後発医薬品を扱うと在庫が大幅に膨らむ。薬剤師が私一人しかいないので、対応そのものができない。後発医薬品を求める患者さんには、近所のほかの薬局に行ってもらっている」(東京都東部地区にある薬局の薬剤師)。

ある区の薬剤師会理事は、こうした実態に警鐘を鳴らす。

「中小零細では加算は『取れない』と思っているか、無関心の薬局が多い。しかし今後、患者負担の差が認識されるようになると『薬代が安い』ということで、積極的に取り組むチェーン薬局に患者さんが流れることになりかねない」

後発医薬品には、さまざまな課題も指摘されている。今年3月、業界大手の大洋薬品工業で承認規格外製品の出荷(薬事法違反)が発覚するなど、品質管理体制に疑問が持たれていることも確かだ。また、副作用があった場合の対応への不安も指摘されている。メーカーと薬局には、患者の信頼を得るためのさらなる努力が求められている。

(岡田広行 撮影:尾形文繁、大澤 誠 =週刊東洋経済2010年7月31日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT