靴底に穴があいた頃が自分の足になじんだ時--『紳士靴を嗜(たしな)む』を書いた飯野高広氏(服飾ジャーナリスト)に聞く


--ファッションとしての靴の認識も弱かったのでは。

革靴は学校での制服の延長から始まる。制服とセットの管理ツールというイメージがまだ強い。だが、スニーカーに凝るように、スーツを着るに際してのドレスシューズがあってもおかしくない。どういうふうに靴を使ったら、その存在が生きるか。この本でそれを伝えたかった。

--「健康に履きこなす」知識として、足はどのような組織で構成され、どう動くか解説しています。

おしゃれな要素も確かに重要だが、足を守る、あるいは歩行を補助する機能もとても大切だ。最大限そのようなパフォーマンスを発揮するためには、自分の足はどうなっているか、どういう歩き方がいいのかを知っていれば、同じ靴でもそのもち方も違う。

店頭に並んでいる既成靴の中でベストフィットを選ぶには、選ぶ側にも工夫がいる。実際に履いてチェックするのが肝心であり、それも必ず複数のサイズで。足には「むくむ」時間帯があるし、靴下の合わせ方も考えるといい。

普通のビジネスマンは靴屋以外でも買う。たとえばディスカウントストアなら、専門の店員が対応してくれない場合もしばしばだ。

--外形の種類も多い。

私が今日履いてきたものは、一文字の愛称で親しまれるストレートチップ。これは冠婚葬祭時でも十分に役に立つので1足は持っておくといい。ただし、これが1足目に最適だとは思っていない。2足目でいい。1足目はプレーントウがベスト。爪先や縫い目などに何の飾りもつけてないシンプルなスタイルで、どんな時にも使える。かつ、何も装飾がついていないから手入れも楽。手入れの練習台にもなる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT