靴底に穴があいた頃が自分の足になじんだ時--『紳士靴を嗜(たしな)む』を書いた飯野高広氏(服飾ジャーナリスト)に聞く


 この1、2足目がともにクロとすれば、それからどうそろえるか。3足目は茶色で行くか。1、2足目がシンプルだから、飾りのついているものにチャレンジする。この3足があれば、上に着るものが何であれ、履き回しがきく。4足目以降はご自身の感性。使い方、使用環境による。雨降りならラバーソウルが当然あっていいし、脱ぎ履きが多いならローファーみたいな、寒がりにはブーツとか……。バリエーションを増やしていけば。結果的にちょっとずつ違ったものが増えていくから、それでローテーションはできる。

--海外物も国で特徴が……。

生産国によって結構キャラがある。英国は、最近軟派になっているものの、なお英国紳士の名に違(たが)わず、ヒモ靴とか伝統的なデザインが多い。イタリアはイタリアで、どう楽しく美しく生きていくかという感覚に長けていて、いい意味で格好をつける。特に立ち姿が美しい靴という意識がある。運動性とか機能性となると、ことさらすごいのは米国製。米国の場合は、ほとんど国内生産ではなくなり、本国生産のブランドはごくわずかだが。

--手入れも大切ですね。

せっかくいい靴を履いたなら、しっかり手入れをする。高級靴でも手入れをしてないと、価値は半減してしまう。逆に、1足9800円とか、そういう靴であったとしても、こまめに手入れをしていると、見え方が違う。ビジネスマンとしても、身なりに気をつける堅実なタイプと評価されるのではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT