西武の守護神・高橋朋己、「強さ」の秘密

練習を再現する力と、本番で修正する力

その成果が表れたのは、9月4日のロッテ戦だった。3点リードの最終回からマウンドに上がり、2死を取って迎える打者は井口資仁。ストレートを5球続けて2ボール、2ストライクとし、6球目に外角のボールゾーンからストライクに曲がるスライダーを投げると、井口は手が出ずに見逃し三振に倒れた。ベテラン打者の膝をガクッと折った悔しがり方に、「バックドア」と言われるこのボールの威力が表れていた。

高橋が振り返る。

「あのボールは2ストライクに追い込んでから、よく使うようになりました。今までは追い込むまでに使っていたんですけどね。あのボールを投げられるようになったから、インコースの真っすぐでも差し込めるようになりました。去年はスライダーを真ん中に目がけて投げていましたけど、今年は外、内、『ここは1バウンドさせなきゃ』と投げられるようになりました。僕の場合、バッターは真っすぐを待っていると思います。変化球のおかげでピッチングの幅が広がりました」

少ない球種を応用的に組み合わせる

平面で見ればストレートとスライダーと少ない球種しかないが、それを応用的に組み合わせることで威力が倍増する。自分の武器を立体的に使えるようになるには、練習用のチェックリストを用意することが最初のステップだ。鍛錬の成果で心のスイッチを入れられるようになれば、本番でパフォーマンスを高精度で発揮できるようになる。この一連の流れこそ、「試合に向けた準備」と言える。それを繰り返すことで再現力と修正力が養われていく。

ブルペンと実戦のマウンドは一直線上にあるものだ。本番で結果を出すために、両者をどう区別し、同時に結びつけて考えるか。そうした思考と実践にこそ、ブルペンエースから本物のエースになるためのカギがある。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。