母に刺され父は浮気…娘が「先生」の道に進んだ訳 救われた記憶に「今度は助ける側にまわりたい」

✎ 1〜 ✎ 47 ✎ 48 ✎ 49 ✎ 最新
拡大
縮小
保健室の先生となった彼女の過酷な過去とは?(写真:筆者撮影)

保健室の先生として働く、20代の那津さん(仮名)。幼い頃から、精神疾患のある母親と、父親の夫婦げんかを見て育ってきました。

中学生のときには、追い詰められた母親から心中を迫られ、腕に家の鍵を突き刺され大量に流血したことも。一時期は高校に通えなくなりましたが、先生たちの支えで立ち直り、大学進学を果たします。

一方、進学のため「塾に通いたい」という那津さんの求めを「お金がない」と一蹴していた父親は、シングルマザーの恋人にいれあげていたことが判明しました。

前半に続き、那津さんが語ってくれたその後の日々をお届けします。

大学生に「家に月15万円入れてほしい」という父

父親から「私立の大学に通わせるお金はないから、国公立の大学に行くように」と言われていた那津さんは、猛勉強の末、見事国立の大学に合格しました。

この連載の一覧はこちら

しかし、まだ苦難は続きます。大学1年のときには、当時中学生だった弟が成績の伸び悩みを苦に自殺未遂をし、これがきっかけで父親はうつ病に。しばらく休職せざるをえなくなった父親は、那津さんに「家に月15万円入れてほしい」と頼んだのです。父親は正社員だったので、多少は手当も出ていたはずなのですが。

そのため那津さんは大学の部活を休部し、夕方から深夜までひたすら毎日バイトをして、15万円を入れていたといいます。結局、父親は3カ月ほどで会社に戻り、那津さんも元の生活に戻れたそうですが、「私、死ぬのかなと思った一時期でした」と振り返ります。

大学が遠かったこともあり、那津さんは実習が始まる2年生から、ひとり暮らしを始めます。以来、社会人3年目になる現在まで実家には帰っていないということです。

父親は最近、那津さんを「自慢の娘」と感じているらしく、やたらと「家に帰ってきなさい」と言ってくるそうですが、彼女の気持ちは複雑です。

「全部、何もわかってなかったんだな、この人、と思って。私がどんな思いで小学校に行って、どんな思いで担任の先生にそういう(家の)話をしていたか。家が近い子たちからは『あいつのうちのお母さんヤバいよね』みたいな話も出るし、すごく恥ずかしかったし嫌だったけど、なんとか上手に距離をとってやってきて。なるべくお父さんの機嫌を損ねないように、気を遣ってきた」

次ページ「今さら優しさを見せられても」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT