母に刺され父は浮気…娘が「先生」の道に進んだ訳

救われた記憶に「今度は助ける側にまわりたい」

保健室の先生となった彼女の過酷な過去とは?(写真:筆者撮影)

保健室の先生として働く、20代の那津さん(仮名)。幼い頃から、精神疾患のある母親と、父親の夫婦げんかを見て育ってきました。

中学生のときには、追い詰められた母親から心中を迫られ、腕に家の鍵を突き刺され大量に流血したことも。一時期は高校に通えなくなりましたが、先生たちの支えで立ち直り、大学進学を果たします。

一方、進学のため「塾に通いたい」という那津さんの求めを「お金がない」と一蹴していた父親は、シングルマザーの恋人にいれあげていたことが判明しました。

前半に続き、那津さんが語ってくれたその後の日々をお届けします。

大学生に「家に月15万円入れてほしい」という父

父親から「私立の大学に通わせるお金はないから、国公立の大学に行くように」と言われていた那津さんは、猛勉強の末、見事国立の大学に合格しました。

この連載の一覧はこちら

しかし、まだ苦難は続きます。大学1年のときには、当時中学生だった弟が成績の伸び悩みを苦に自殺未遂をし、これがきっかけで父親はうつ病に。しばらく休職せざるをえなくなった父親は、那津さんに「家に月15万円入れてほしい」と頼んだのです。父親は正社員だったので、多少は手当も出ていたはずなのですが。

そのため那津さんは大学の部活を休部し、夕方から深夜までひたすら毎日バイトをして、15万円を入れていたといいます。結局、父親は3カ月ほどで会社に戻り、那津さんも元の生活に戻れたそうですが、「私、死ぬのかなと思った一時期でした」と振り返ります。

大学が遠かったこともあり、那津さんは実習が始まる2年生から、ひとり暮らしを始めます。以来、社会人3年目になる現在まで実家には帰っていないということです。

父親は最近、那津さんを「自慢の娘」と感じているらしく、やたらと「家に帰ってきなさい」と言ってくるそうですが、彼女の気持ちは複雑です。

「全部、何もわかってなかったんだな、この人、と思って。私がどんな思いで小学校に行って、どんな思いで担任の先生にそういう(家の)話をしていたか。家が近い子たちからは『あいつのうちのお母さんヤバいよね』みたいな話も出るし、すごく恥ずかしかったし嫌だったけど、なんとか上手に距離をとってやってきて。なるべくお父さんの機嫌を損ねないように、気を遣ってきた」

次ページ「今さら優しさを見せられても」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT