中国の低価格EC「拼多多」、成長鈍化で株価急落

売上高とユーザー数が市場の期待値に届かず

拼多多の7~9月期決算は5割増収と最終黒字を達成したが、株式市場は成長ペースのスローダウンにより厳しく反応した(写真は同社ウェブサイトより)

低価格販売が強みの中国の電子商取引(EC)大手、拼多多(ピンドゥオドゥオ)は11月26日、2021年7~9月期の決算を発表した。売上高は215億600万元(約3834億円)と前年同期比51%増加したが、成長率は1~3月期の同239%増、4~6月期の同89%増に比べて減速した。純利益は16億4000万元(約292億円)と、4~6月期に続いて2四半期連続の黒字を確保した。

7~9月期の売上高は、決算発表前のアナリストの予想平均値だった266億元(約4742億円)を大幅に下回った。さらに、ユーザー数の増加ペースのスローダウンも鮮明になった。2021年9月末までの1年間のアクティブユーザー数は8億6700万人と、同年6月末までの1年間と比較して1740万人増加した。しかし1~3月の増加数は3580万人、4~6月は2160万人であり、勢いの低下は否めない。

拼多多の成長鈍化は市場の失望を誘い、アメリカのナスダックに上場しているADS(アメリカ預託株式)は急落した。11月26日の取引は前日の終値の9.15%安で寄り付き、終値は同15.86%安の68.46ドル(約7801円)で引けた。

「直営事業」の売上高が急減

事業セグメント別の業績を見ると、7~9月期は(ECプラットフォームの出店企業から徴収する出店料や広告料などの)ネットワーク・マーケティング・サービス関連事業の売上高が前年同期比44%増の179億4700万元(約3199億円)と、総売上高の8割強を占めた。(ECプラットフォームを利用した決済などにかかる)取引手数料の収入は34億7700万元(約620億円)と、前年同期の2.6倍に増加した。

注目すべきなのは、1~3月期に総売上高の4分の1近くを占めていた「直営事業」の売上高が、7~9月期はわずか8210万元(約15億円)と前年同期の約2割に急減したことだ。それに関して拼多多の経営陣は、「直営事業はユーザーニーズを補完するためのものであり、企業戦略の重点に位置付けたことはない」と業績説明会でコメントした。

(訳注:拼多多の直営事業は、生鮮農産物を自社で仕入れてオンラインで販売する新規事業「多多買菜(ドゥオドゥオマイツァイ)」が主軸になっていた)

本記事は「財新」の提供記事です

中国では2020年の後半から、拼多多を含む複数の大手ネット企業が「社区団購」と呼ばれる地域コミュニティー向けのオンライン共同購買サービスに参入した。財新記者の取材に当時応じた関係者によれば、拼多多は社区団購を通じた商品販売の総額(流通総額)で2021年に4000億~5000億元(約7兆1305億~8兆9131億円)を目指していた。しかし思惑通りに進まず、戦略の見直しを迫られた可能性がある。

(財新記者:原瑞陽)
※原文の配信は11月27日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT