「住宅ローン控除見直し」マイホーム派への影響度

控除率が縮小されたら購入希望者はどうすべきか

住宅ローン控除の見直しが検討される理由とは(写真:HM/PIXTA)

住宅ローンを借りると所得税などが還付される「住宅ローン控除」について、控除率の縮小が政府・与党内で検討されています。住宅ローン控除はマイホーム購入を支援する国策として機能していました。なぜ衆議院選挙後の今、着手するのでしょうか。

2021年は10月末に衆議院選挙が実施され、自民党と公明党による連立政権が維持されることになりました。「分配」をキーワードにした岸田内閣の下で突如持ち上がったように見える住宅ローン控除の見直し問題。実は、岸田氏が首相になる以前から、ささやかれていた内容なのです。

税制改正大綱が毎年注目されるワケ

直近の住宅ローン控除に関する税制改正は、2021年度に実施されました。消費税の10%増税に伴う住宅取得支援のため、住宅ローン控除の期間を10年から13年に延長し、一定の収入以下の場合には面積要件を50平米から40平米に下げました。この改正に伴い、単身者に適した広さのマイホームが購入しやすくなったと考えられます。

マイホーム購入を促進することは景気対策の側面もあり、特別な法律を根拠として住宅ローン控除が設けられていました。

税制改正自体は毎年行われており、各省庁からの要望が取りまとめられ、与党内で検討されます。例年12月には、ある程度予算要望がまとまった段階で審議され、与党税制改正大綱を踏まえ、税制改正大綱として閣議決定されます。

閣議決定後は財務省と総務省により税制改正法案が提出されます。改正法案は衆参両院で審議可決されると、翌年度(毎年4月1日~3月末)以降に税法が改正、施行されます。

したがって、毎年この時期は税制改正大綱が注目され、税に関心を持つマスコミ、経営者、士業などの関係者により情報が拡散されます。抜本的な税制改正以外は、既存の期限付き税制が延長されるかに関心が集まります。住宅ローン控除は住宅購入に関する重要税制のため、消費者も興味をもって情報収集します。

今回、住宅購入希望者からは「改悪」とも言われる急展開を見込んでいますが、それには原因があるのです。

次ページ住宅ローン控除を受けると得する「逆ザヤ」問題
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT