第4波のイタリア「スーパーグリーンパス」の効力

「ワクチン未接種の人」は遊びには出歩けない

バールでグリーンパスをチェックする店主と客。グリーンパスには顔写真はついていないから、店主にはそのグリーンパスが本当に本人のものかを確認することはできない(筆者撮影)
この記事の画像を見る(5枚)

イタリアの「グリーンパス」は、ワクチン接種者、コロナから回復し抗体のある人、そしてPCR検査で陰性の証明書がある人がもらえるコロナ安全証明書だ。導入された8月以降、これさえあればレストランも映画館もジムもイベントも、どこでもいけるようになった。

10月15日からは欧州で唯一、職場への携帯・提示も義務化。抗議運動は激化したが、おかげでワクチン接種は加速的に進み、接種完了者は国民の8割まで上昇した。近隣諸国に比べて感染はかなり低く抑えられ、ほぼ普通の生活が戻ってきていたイタリア。今年の冬こそはスキーも、そしてクリスマスも、コロナ前と同じように過ごせるに違いない、そんな期待が高まっていた。

私自身も、10月にはほぼ2年ぶりに映画館に行った。映画を、映画館で見る。そんな当たり前のことがとても新鮮でうれしくて、室内ではマスク着用義務が続いていることを忘れていた。観たのはイタリアでも大人気の村上春樹『ドライブ・マイ・カー』。3時間の大作だったから、上映中ずっとマスク着用なのは、かなりつらかったのだが、そんなことも微笑ましく思えるほど、コロナはもう終わったことのような気がしていた。

欧州全土を襲っている第4波

11月のある土曜日の午後、人で賑わうトリノのカステッロ広場(筆者撮影)

ところが12月6日から、「スーパーグリーンパス」の導入が決まった。今、欧州全土を襲っている第4波が、じわり、じわりとイタリアにも押し寄せてきていることを受け、ワクチン接種者を優遇し、接種人口をさらに増やすのが狙いだ。ワクチン接種者およびコロナ回復者が持つグリーンパスは「スーパー」に格上げとなり、引き続きレストランや映画館、スポーツ観戦、コンサートなど自由に楽しむことができる。

だがPCR検査の陰性証明で得たグリーンパスは、職場に行く場合と飛行機や列車を利用する場合にのみ有効と、行動が制限される。簡単に言えば、ワクチンをしていない人は、遊びには出歩けない、そういうことだ。クリスマスのロックダウンをどうしても避けたいという、政府の悲願が込められている。

次ページ感染状況は?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT