母たちは、「罪悪感」から逃れられるか?

周囲の”雑音”との付き合い方を考えよう

あとは、子どもの世代別に言われ続ける、他人からの「悪意はないけれど心ない言葉」は、「正の字」でカウントしてみたらどうかなぁ? けっこう、面白いデータになりそうですよね(笑)。

「あ、3歳神話のアドバイスされたの、あなたで12人目ですよ~。すごい普及率ですね!」とか言って笑えたら、言ったほうの人も自分がいかにつまんないこと言っちゃったか、気づくかもしれません。そして、「へー、この手の発言は職場では、上司より同僚のほうがしちゃうんだわ」とか分析して、感情を外に追い出してみる。受け止めすぎずに明るく流してしまうことも、働く母には必要なテクニックだと思いますよ。

不安なときには、”変装”保育参観が効く!

保育園の様子については、心配ならば、保育園の園長先生に相談してみるといいと思います。園長先生ってお子さんを育てながら働いてきた方も多いですし、たくさんの働く母とその子どもを知っていますから、あなたに適したアドバイスをしてくれるかもしれません。玄関先でギャン泣き、というよくあるシーンだって、毎年毎年、山ほど見ていることでしょうしね。

保育園が了承してくれるのであれば、「変装保育参観」をしてみるのも手です。私の子どもたちが通った保育園は、3歳クラスまでは「変装保育参観」がありました。割烹着に三角巾、メガネをして、声を出さないと、子どもに「ママ」とばれないから不思議です。

教室の隅からじっと見ていると、あんなに泣いて嫌がっていた保育園で、けろっとして走り回って楽しむ子どもたち、おいしそうな給食、意外としっかりしてきた自分の子ども、絶えず目を配り続ける先生方……いろいろと安心材料が拾えるんじゃないかなと思います。

私は未熟な人間で、仕事だって育児だって、思ったようにいかないことだらけです。いちいちへこむし、くよくよもします。人の言葉に勝手に傷ついたり落ち込んだり、舞い上がることだってあります。子どもとの接し方だって、どうしていいかわからないことばかり。

でもとにかく、私がそうやって精いっぱい生きている姿そのままでいるということ。子どもに対し、失敗したと思えば謝り、今イチだと思えばしかり、一緒にうれしかったことを喜びあって、1日1日なんとかやっていくしかないのかなぁと今は思っています。

多くの働く母たちの悩みに関して、正解なんて見つけようもありませんが、でも共通項はとても多いものです。みんなのTIPSが誰かを救うかもしれません。将来はあなたの知恵が誰かを元気づけることでしょう。きっとそのうち、「そういえば、あんなこと、悩んでたわよね~」と言えるようになるはずです。今日も1日、なんとか頑張ってみてほしいなぁと、切に思います!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング