今さら聞けない!密かに押さえたい「IT用語」6選

VRとARの違いをさらっと言えますか?

今さら聞けないIT用語、ありませんか?(写真:ペイレスイメージズ1(モデル) / PIXTA)
この記事の画像を見る(7枚)
「ニュース・新聞で、最近よく目にする言葉だけど、どういう意味かわからない」「基本的なIT用語の意味を知っておきたいけど、文章だけだと理解しづらくて困っている」
今やIT用語の知識はビジネスシーンで必須の時代です。ですが「なんとなく使っている」「よくわからない単語は聞き流している」方も多いのでは? 基本的なIT用語をザックリと知っておけば、仕事だけではなく、ニュースや新聞への理解も深まります。
IT知識ゼロでもイラストを眺めるだけでIT用語を理解できる書籍『見るだけIT用語図鑑278』より、6つの知っておきたいIT用語をご紹介いたします。

コンピューターが作り出す想像の世界
VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)

(3行で言うと)
・コンピューター・グラフィックスで作られる臨場感のある仮想世界
・頭にかぶる装置を装着して体験するVRが今の主流
・視覚・聴覚など五感に訴えて、現実の世界のような没入感を与える

VRは、高精細のコンピューター・グラフィックスで作られた、想像の世界のことです。仮想世界だけでなく、現実の特定の場所・時間の再現もVRです。一般的には、ヘッドマウント・ディスプレー(大型のメガネのような形状の頭にかぶる装置)を使い視覚と聴覚に訴えるVRが主流です。特殊な装置により、風や雨のような皮膚感覚や足元を傾けて平衡感覚に訴えるなど、さらに臨場感を高めるVRもあります。

(画像:『見るだけIT用語図鑑278』より)
次ページ現実に新たな情報を加える「AR(拡張現実)」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT