弱音吐く、すぐ泣く…リーダーを部下が慕う真意

室町幕府を築いた足利尊氏もダメ人間だった!

ときには弱さや涙を見せる、そんなリーダーでもいいかもしれません(写真:mits/PIXTA)
チームはバラバラ、成績が上がらない、部下が言うことを聞かない……。現代はリーダー受難の時代です。なりたくてなったわけでもないのに、責任を背負わされ、結果を求められる人も多いようです。「もう降りたい」と思うことも多々あるでしょう。
「そんなときは日本史に学んでみてはいかがでしょうか」というのは、歴史作家の加来耕三氏です。「歴史の偉人たちが、いざというときにリーダーとしてどう立ち振る舞ったかは、現代のリーダーにも参考になるはずです」。加来氏の新刊『日本史に学ぶリーダーが嫌になった時に読む本』からそのヒントを紹介します。
第1回 「ナンパ好き」源頼朝が一大勝負で見せた"別の顔"
第2回 「難問にぶつかった」リーダーが知るべき超発想

今は弱さを見せたほうが共感されやすい?

リーダーは強くあらねばならない、と思っている人が今なお多いように思います。部下に弱みを見せるなんてもってのほか、つねに模範とならなければいけない。それが理想のリーダーである、と。

もちろん、力強いリーダーをやれる人はやるにこしたことはありません。が、無理に自分に合わないリーダーを演じてみても、すぐにボロが出てしまいます。むしろ今時は自分の弱さを包み隠さず見せたほうが、部下の共感を得られるケースが多いのです。

これは現代に限ったことではなく、日本の歴史上にもそういうリーダーシップを発揮して、成功した例がいくつもありました。室町幕府の創設者・足利尊氏はその好例といっていいでしょう。

足利尊氏のことを、鎌倉幕府を打倒して室町幕府を創始した力強いリーダーだ、と思い込んでいる人は今も多いようです。ところが実像はその真逆といってよく、彼は生来、気が弱いダメな人でした。

困難に直面すると不安を隠しません。泣き出します。ひどいときは「腹を切る」「私は死ぬ」といって、周囲を困らせました。それでも家臣たちは尊氏を見捨てませんでした。彼のダメな部分が可愛く見えたのかもしれません。

尊氏よりも能力の高かった弟の直義や、優秀な重臣の高師直が、「この人には私がいないとダメだ」と思い、必死に支えてくれたのです。

尊氏は足利家という武家の名門に生まれ、何不自由なく育ちました。鎌倉幕府の執権である北条家の最後の執権(16代)・赤橋守時の妹を、尊氏は嫁にもらうなど、鎌倉政権下でも武家として最高の扱いを受けています。

ですから、彼は逆境などというものを、そもそも味わったことがありませんでした。日々、嫌な思いをしたことがないから、人を恨んだり、疑ったりすることもありません。素直に周囲の人々を皆、受け入れていました。

次ページ気が弱いダメな尊氏がなぜ討幕の旗頭に?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT