奥田務・J.フロント リテイリング会長兼CEO--百貨店は大衆と共にある 時代に合わせ変化対応を

街を歩けば、百貨店の婦人服が売れない理由が肌でわかる。百貨店では値段が高めでドレスアップ的なおしゃれ着中心。しかし、皆さんが着ているのは非常にカジュアル。メンズスーツも、6年前の中心価格帯は7万~8万円だったが、今は3万~4万円。中国の縫製技術が向上したこともあり、それでも品質は遜色ない。

変わり切れない百貨店は淘汰される

--価格にシビアになってきた消費者に対して、百貨店は高額路線にこだわり、高コスト体質にあった。

どこの店に行っても、同じ商品が並び、フロア構成も似たり寄ったり。お取引先も一緒で高額商品、中高年層への過剰シフトが起こってしまった。本来、百貨店は大衆と共に歩んできたのに、その理念を忘れてしまった。というのも、百貨店は大きな店舗を構えてお客様がいらっしゃるのを待っている業態のため、ほかの業界との交流もあまりなく、マーケット志向が弱い。

百貨店の取引形態には、主に売り上げ仕入れ(消化仕入れ)と、買い取りの二つがあり、前者が売上高の約7割を占めている。これはお取引先に場所を提供し、仕入れ、品ぞろえから販売までやってもらうので、百貨店側にリスクがない。このため、不動産業ではないかとも言われる。一方、買い取りは自分たちがリスクを取って販売するやり方だ。

問題は、売り上げ仕入れと買い取りとで、似て非なるマネジメントが必要なのに、入り交じっていたことだ。もともと呉服発祥の百貨店は買い取りが基本だったが、売り上げ仕入れが大半を占める今も、昔の手法での人員配置を引きずっている。それが高コスト構造につながった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。