「文系社員」が生き残るには「数学語」が必須な理由

数学を学び直して「数の世界への見通し」をもつ

「財務などを学んでいると、あるときいきなりΣが出てきて戸惑ってしまう」

「確率が何%以上ならGOなのか? とたずねられても、答えられなかった」

「エクセルの“行”と“列”って、数学の“行列”と同じなのか?」

文系は「数学」という言葉を学ぶべき

いま、「文系」の存在意義はたしかに問われています。しかし、ビジネスを成功させるには、あらゆる分野の知恵が必要な現在、「文系」「理系」という色分けをすること自体も意味が薄れつつあります。

まして、「自分は文系だから」と決めつけてしまえば、活躍の場を狭めてしまうことでしょう。

むしろ、文系として学んだ知恵を最大限に活かしていくためにも、数学の世界を知ることはとても大切なのです。

それは、単に数式を扱うだけではなく、冷静に論理的に考えるという「思考の根っこ」を鍛え直すことでもあるのです。

数学を学ぶというのは、ある意味、数学語、つまり「数学というもう一つの言葉」を学ぶことだと思います。言葉を学ぶというのは、単語や文法を覚えるだけではありません。その背景にある文化の成り立ちまで知ることで、「異なる論理で構成される世界」を知ることです。

同じように数学を学ぶことも、公式を暗記するのではないと思います。つまり、「数学という言葉の背後にある思考と論理」をしっかり学ぶことです。

そのためのカギは、高校2年の学びの中に隠されています。まずは教科書の内容をもう一度見直すことも大事でしょう。

そして、現実のビジネスとの架け橋を探していくことになります。紙と鉛筆を用意して、1つずつ問題を解いてみると、意外にも現実との接点は見えてきます。

高校生のときとは異なり、何らかの目的をもって数学を見直していくプロセスは、きっと想像以上にスリリングなことになるはずです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT