年収1000万も「占い学校」通うのはどんな人たちか

マニアックな世界から「普通の人」が通う学校に

東京・恵比寿にある占い学校「アカデメイア・カレッジ」の講義風景。最近は”普通の人”が増えてきているという(撮影:尾形 文繁)

「占い」を客観的な視点でさまざまな角度から検証する本連載。今回は、「占い学校に通う人」にフォーカスする。なぜ占いの学校に通うことになったのか。どのような授業が行われるのか。知られざる占い学校の内側に迫った。

不動産管理業をしているうちに…

南方シンさんは、東京・恵比寿にある”老舗”占い学校「アカデメイア・カレッジ」に通って5年になる。本業はフリーランスの不動産管理や資産運用だ。もともと建築や地形が好きで、趣味で家相を研究していたという。

この連載の一覧はこちら

「物件をご案内する中で、お客様から家相や風水を尋ねられることがあり、独学で勉強してみたんです。すると徐々にアドバイスができるようになって、お客様にも喜ばれることがわかりました。若い頃はコンサル系の会社でサラリーマンをしていて占いとはまったく無縁だったのですが、対人ビジネスという意味では当時から“相談業”に興味があったのだと思います」

5年前から通っているという南方さん(撮影:尾形 文繁)

家相や風水のアドバイスをしているうちに「もっとパーソナルなアドバイスをしてあげたい」と思ったのが学校に通うきっかけに。授業は西洋占星術とタロットカードを選択した。週に1回、仕事の合間に通っている。

「占いには、西洋占星術のように生年月日などから運命を紐解く『命術』と、タロットや易のように偶然に現れたもので占う『卜術(ぼくじゅつ)』、手相や人相などの『相術』があります。私が通う学校では、認定試験を受けるためにはこの3つのうちから2つ+心理学を学ぶ必要があり、命術の西洋占星術、卜術のタロットカードを選びました。入学当時は占いのことをよく知らなかったので、『聞いたことがある2つ』を選んだとも言えます(笑)」

西洋占星術とは、生まれたときの星の配置からその人の特性や人生を観ていくもの。占いに必要なのは「ホロスコープ(出生天空図)」と呼ばれる、星の配置を記した“盤”を読み取る能力とセンスだ。

次ページ占い学校で教わること
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT