元ホステスの占い師が見た「転落する人の共通点」

夜の銀座で見たトラブルに巻き込まれやすい人

銀座の人気ホステスだった占い師の藤島佑雪さんが、銀座で見た「転落していく人」に共通していたこととは(写真:recep-bg/iStock)

「占い」を客観的な視点でさまざまな角度から検証する本連載。今回は、銀座のホステスから占い師・開運アドバイザーに転身した藤島佑雪(ゆうせつ)さんに話を聞いた。ホステス時代からお客さま、同僚ホステス、ママの相談相手だったという藤島さん。夜の世界で悩む人たちの話を聞くうちに、開運の法則が見えてきたという。

「わけありの人」たちの相談に乗っていた

藤島さんは銀座の高級クラブの元ホステスだ。大学卒業後、会社勤めも経験したが、スカウトされてこの世界へ。キラキラした世界への憧れもあったという。

この連載の一覧はこちら

「でも、この世界に入ってみると、働いている人の半分くらいはわけありの人。家族に借金があったり、パートナーの浮気や、暴力に悩んでいたり、健全なメンタルではない人も少なくありませんでした。この仕事を辞めたくても辞められない人が多い。ホステスとして働き始めてからすぐ、いろんな人から悩み相談を受けるようになりました。おそらく、この世界の中でとても“普通の人”だったからだと思います」

お客さんからは「隠し子を実子に会わせたいので付いてきてほしい」と頼まれたり、銀座の某有名ママからはお嬢さんの家庭教師も頼まれた。同僚ホステスからは「話を聞いてくれるだけでいい」と、さまざまな相談を受けるように。いつしか銀座の夜の「心の拠り所」となっていった。

「昼間のお仕事をされている方々には当たり前のことだと思いますが、わたくしは絶対に遅刻をしませんし、金銭トラブルもありませんでした。お客さんを横取りしたりもしない。でも夜の世界ではよくあること。クリーンなだけで『信頼できる人』になるんです」

銀座の高級クラブには成功者も多く訪れる。投資話も盛んにされていたようだが、怪しい話も多い。

次ページだます人より、だまされる人の方が目がおかしい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT