「M-1で勝つことをやめた47歳芸人」その後の人生

ぴっかり高木といしいはなぜ解散を選んだのか

高齢農家と買い物弱者をつなぐ「移動詰め放題屋 ふじまーる」を始めた山梨住みます芸人の、いしいそうたろう(右)とぴっかり高木(写真:吉本興業提供)
東京や大阪で成功するだけが人生ではない。それは芸人の世界でも同じだ。都会で売れるという目標を捨て、あえて地方での活躍を目指した「よしもと住みます芸人」たちに密着する本連載。第3回では、山梨で野菜の移動販売を始めたいしいそうたろうに焦点を当てる。芸人として「M-1を目指す生き方」を捨て、「買い物弱者の味方」になる道に進んだ理由とは? 執筆者はルポライターの西岡研介氏。過去記事はこちら

大小様々な10本の吊り橋と5つの滝で知られ、紅葉シーズンにはハイカーで賑わう「大柳川(おおやながわ)渓谷」(山梨県南巨摩郡富士川町十谷地区)。

2020年10月1日午前11時、渓谷近くの駐車場にキッチンカーを止め、“開店”の準備を済ませると、彼は、右手にマイクを持ち、左手でトローリースピーカーを引きながら、山間部に建つ家々の間をゆっくりと歩き始めた。

「十谷(じゅっこく)地区の皆さま、こんにちは。お騒がせしております。山梨住みます芸人の『いしいそうたろう』でございます。月に一度の『詰め放題屋 ふじまーる』、やってまいりました。

本日もおいしいお野菜、焼きたてのパンなどをお持ちいたしました。コーヒー、フランクフルトなどもございます。このあと12時ごろまで、観光駐車場におりますので、ぜひ、お立ち寄りください……」

芸人が「買い物弱者」の味方に

高齢農家から「ハネモノ」と呼ばれる規格外の野菜を譲り受け、また、地元のパン屋からは焼きたてのパン、養鶏業者からは産みたての卵を仕入れ、近くに商店のない山間部などに住むお年寄り、いわゆる“買い物弱者”に「詰め放題」という販売方法で、格安で提供する「移動詰め放題屋 ふじまーる」。

いしいが、この「ふじまーる」で、富士川町内を回り始めてから今年で2年半になる。当初は荷台にコンテナを詰んだ軽トラックでスタートしたが、2020年1月にキッチンカーにリニューアル。買い物に訪れる人たちにコーヒーや軽食も提供できるようになり、毎週木曜日、富士川町の山間部と市街地を回り、高齢者を中心に町民の“憩いの場”になっている。

買い物に来た地元の高齢者の話に耳を傾けるいしい(筆者撮影)

いしいは1974年、東京生まれの東京育ち。大学在学中の1996年、東京NSCに2期生として入った。卒業後はコンビで「銀座7丁目劇場」などに出演。コンビ解散後はいったん吉本を離れ、芝居の世界へ。仲間たちと小劇団を立ち上げ、役者となったが、やはりお笑いがやりたいと2008年、ピン芸人として吉本に戻った。

そのときに出会った、大阪出身の「ぴっかり高木」と即席のコンビを結成し、「M−1グランプリ」に出場。1回戦を突破できたことに気を良くしたぴっかりから誘われ2009年12月、「ぴっかり高木といしいそうたろう」を結成した。が、コンビ結成からわずか1年で、いしいは吉本の「住みますプロジェクト」に応募したという。いしいが10年前を振り返る。

次ページ「M-1を目指さない生き方」もあるのでは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT