眞子さん圭さん「結婚」に見た「皇室の根本課題」

なぜ、2人の結婚はここまで「怒り」を誘ったか

イギリスで始まった「COP26」で、エリザベス女王がビデオメッセ―ジで開会のあいさつを行った(出所:イギリス王室のYouTubeチャンネル 2021年11月2日投稿 〈最終閲覧日:2021年11月2日〉)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち14万部を突破するベストセラーになっている。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「眞子さん結婚問題の深淵」について解説する。

「分断」を象徴するかのような結婚会見

幾多の障害を乗り越えて、眞子さんと小室圭さんがゴールインしました。本来は、とてもおめでたい話なのに、国民の世論は「賛成派」「反対派」で真っ二つ。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

10月26日に行われたお二人の結婚会見も、結婚を「肯定する側」「否定する側」が最後まで歩み寄ることがない、まさに「分断」を象徴するかのような内容でした。

落ち着いた様子の眞子さんから感じられたのは、「喜び」というよりも「怒気」と「悲しみ」。彼女たちに共感する立場の人には、その潔さ、吹っ切れ方が、すがすがしく見えたほどでしたが、逆に反対する人たちは、後ろ足で砂をかけられたような気分になったかもしれません。

ここまでこじれた最大の要因はなんといっても「『コミュニケーション』のもつれ」ではなかったでしょうか。突き詰めれば、「何をしたか、しなかったか」というより「何を言ったか、言わなかったか」の問題

当初から、もっと上手にコミュニケーションができていれば、ここまで禍根を残すことにはならなかったでしょう。本記事では、お二人の「話し方」から、「会見に込められた意図」を読み取るとともに、「今後の皇室のコミュニケーション戦略のあり方」について考えてみましょう。

次ページ「前代未聞の結婚会見」その背景は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT