グローバル志向の高い学生ほど、内々定獲得率が高い--2011年新卒学生の就活実態調査

グローバル志向の高い学生ほど、内々定獲得率が高い--2011年新卒学生の就活実態調査

グローバル志向の高い学生ほど、内々定獲得率が高い。採用コンサルティングのレジェンダ・コーポレーションの調査で、学生のグローバル志向と内々定獲得には正の相関関係があることがわかった。

レジェンダ・コーポレーションは、5267名の大学生・大学院生から2011年新卒の就職活動状況を調査、また74社の人事採用担当者から新卒採用活動状況を調査した(両調査とも期間は、2010年5月13日(木)~5月19日(水))。

2011年4月入社の就職活動を行っている学生に希望勤務地について尋ねたところ、「海外で働きたい」は10.1%、「海外で働いても良い」は37.6%となり、海外を視野に入れている学生は合わせて47.7%となった。

また、男女別に着目すると、グローバル志向を持っている割合は、男性56.5%、女性37.9%と18.6%の差が見られ、「日本国内の地域限定で働きたい」と回答した女性の割合は35.2%となった。

さらに、学生の内々定獲得率に着目すると、5月中旬時点で、内々定を得て就職活動を終了した割合は、グローバル志向の学生が51.0%、国内志向の学生が37.0%で両者の差は実に14.0%。

グローバル志向と内々定獲得には正の相関関係がある。

約60%の企業がグローバル志向を求める

企業の人事採用担当者へ学生にグローバル志向を求めるか尋ねたところ、「求める」は59.5%、「求めない」は31.0%、「わからない」は9.5%となり、約60%の企業は学生にグローバル志向を求めている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。