岩澤信夫 その2【全4回】 真雁とイトミミズに教わった無農薬・無肥料のコメ作り



 なぜだろうと悩んでいたところ、『エコロジーとテクノロジー』という栗原康先生の本を、東京の八重洲ブックセンターで見つけました。そこには、イトミミズが多い水田には雑草が生えにくい、という内容が書かれていました。イトミミズの糞で雑草の種が覆われ、発芽できなくなるという実験結果が載っていたのです。

どぶ川の生き物であるイトミミズは、田んぼにはいないだろうと思っていました。ところが、調べてみると、10アールで1500万匹以上もいました。さらにイトミミズの排泄物が肥料になることもわかりました。つまり冬の間も水を張り、田んぼにイトミミズがいるようにすれば、農薬(除草剤)を使わなくて済み、肥料も加えなくていいということが発見できたのです。

こうして私は無農薬・無肥料で、冷害に強いコメ作りを確立することができたのです。

いわさわ・のぶお
1932年千葉県成田市生まれ。旧制成田中学(現・成田高校)卒業後、家業の農業に従事。スイカの早期栽培に成功した後、コメ作りを研究。長年の試行錯誤の後、耕さない田んぼで、農薬も肥料も使わずに多収穫のイネを作ることに成功した。日本不耕起栽培普及会会長。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング