岩澤信夫 その2【全4回】 真雁とイトミミズに教わった無農薬・無肥料のコメ作り



 なぜだろうと悩んでいたところ、『エコロジーとテクノロジー』という栗原康先生の本を、東京の八重洲ブックセンターで見つけました。そこには、イトミミズが多い水田には雑草が生えにくい、という内容が書かれていました。イトミミズの糞で雑草の種が覆われ、発芽できなくなるという実験結果が載っていたのです。

どぶ川の生き物であるイトミミズは、田んぼにはいないだろうと思っていました。ところが、調べてみると、10アールで1500万匹以上もいました。さらにイトミミズの排泄物が肥料になることもわかりました。つまり冬の間も水を張り、田んぼにイトミミズがいるようにすれば、農薬(除草剤)を使わなくて済み、肥料も加えなくていいということが発見できたのです。

こうして私は無農薬・無肥料で、冷害に強いコメ作りを確立することができたのです。

いわさわ・のぶお
1932年千葉県成田市生まれ。旧制成田中学(現・成田高校)卒業後、家業の農業に従事。スイカの早期栽培に成功した後、コメ作りを研究。長年の試行錯誤の後、耕さない田んぼで、農薬も肥料も使わずに多収穫のイネを作ることに成功した。日本不耕起栽培普及会会長。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。