あなたに「数字を正確に使う力」あるかわかる質問

数字はきちんと使えなければ意味がない

アメリカの実例を使って、計算してみましょう。40歳以下の女性の乳がん検査の結果です。標本数は1000人です。陽性で病気である人は11人。陰性でも実は病気である人は3人。陰性で健康である人は887人。陽性で健康である人は99人。

そうすると、陽性の人は110人(11+99人)。その中で実際に病気である人は11人しかいません。すなわち陽性でも、実際に病気になっている確率は10%で、90%は健康です。いわゆる偽陽性率が90%ということになります。

この結果から、もっと正確な検査方法が必要だということがわかります。一方、「陰性です」と言われた場合、健康である確率は99.66%です。計算式は、887÷(887+3)×100≒ 99.66%。こういう計算ができることが、数字力の1つです。この例は多少難しいですが、要は「正確に数字を使いましょう」ということがポイントです。

世界では、個人だけで戦えない

次は、「熱意」の例です。私は、ウォール街(証券業界)に入ったとき、どのようにウォール街で成功するかということをずっと考えていました。当時の「ウォール街の帝王」と言われたジョン・グッドフレンド氏が、私が入社した会社の社長でした。彼の名言があります。「ウォール街での成功には、毎朝、熊の尻にかみつく勢いで出勤することだ」。

これこそ「熱意」をよく表した言葉でしょう。さらに、「熱意」にはもう1つの側面があります。それは健康管理です。健康をうまく管理できなければ、いい結果を出せないからです。

ここまでいくつかのスキルについて話してきました。ただし、あくまでも個人レベルの話です。個人と個人が、どのように絡み合って、どのようにいいチームを作るか。グローバル時代のビジネスにはチームワークが欠かせません。

少し頭の体操をしてみましょう。下図を見てください。5つのノード(点)がありますね。点をつなぐ紐帯(線)もあります。大きいノードは個人の総合力が優秀な人、小さいノードは、そうではない人を意味します。

紐帯は、2種類あります。1つは実線、もう1つは破線です。実線は、チームの中のコミュニケーション量です。太い実線はコミュニケーションをたくさんとっている組み合わせ、細い実線はあまりコミュニケーションが少ない組み合わせです。一方、破線は外部情報を取り入れているかどうかです。この図はあるチームの相互関係を表しています。いかがでしょう、これはいいチームでしょうか。

次ページチームワークをよくする「個人スキル」を磨く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT