「社内政治」部長より「3年転職」職人が成功する訳

「人生100年時代」は「年齢や肩書き」で威張るな

100年時代にどう向き合うか、社会全体で考える。今回のテーマは「年齢マウンティング」が多い日本と定年制(写真:mimi@TOKYO/PIXTA)
シリーズ累計50万部のベストセラー『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の最新版『LIFE SHIFT2(ライフ・シフト2):100年時代の行動戦略』がついに発売された。
『ライフ・シフト2』では、100年時代を生きる日本人の不安に応えるアドバイスだけでなく、政府、企業、教育機関がなすべきことを取り上げ、社会全体で100年人生にどう向き合うかを指摘している。
本書を「日本人の成熟」を促すきっかけになりうる書と語る作家・ジャーナリストの佐々木俊尚氏に話を聞いた。その前編をお届けする。

なぜ「年齢マウンティング」が多いのか

前作『ライフ・シフト』は、専門的な記述が多い印象でしたが、今作の『ライフ・シフト2』は、わかりやすい行動指針が多く書かれていて、非常に現実的で、実践的な内容になっています。

『LIFE SHIFT2(ライフ・シフト2):100年時代の行動戦略』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

とくに、「年齢の捉え方を変えなければならない」という指摘が印象に残りました。いまの60歳は、昭和初期の頃の人との比較で言えば、見た目も精神年齢も40代ぐらいに見えるのではないでしょうか。実際、60歳で還暦、40歳で不惑だと言われても実感がない人も多いでしょうし、そういう古い区分で捉えるのはもうやめたほうがいいかもしれません。

年齢でマウンティングする人は今も昔もたくさんいます。若いことを自慢して年長者を「老人」扱いするマウンティングもあれば、逆に40代ぐらいの人が、より若い世代の人に抑圧を加えるのもよく見かけます。そういう人を観察してみると、どうも自慢できることが「年齢」ということしかないようなのです。

僕は、東京、軽井沢、福井の3拠点生活をしていますが、軽井沢は大企業の経営者など金持ちが多く、団塊の世代の別荘族がいたりします。ここでは、定年退職をした身であるにもかかわらず、「元〇〇商事部長」といった名刺を出すご老人に出会うことがあります。

確かに昭和の時代には、名刺交換をして、相手の企業規模や肩書きを見て、どちらが上かを瞬時に判断するということがありました。

一方、福井の漁村で出会う人たちは、自分の好きな畑いじりができればいい、いい魚がとれればそれでいいという感じの人が多い。彼らは80歳ぐらいになっても楽しそうで、顔立ちも穏やかです。世の中をヒエラルキーで捉えてきたか否かの違いは大きいですね。

次ページ年齢マウンティングは社会の不安の現れ?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT