飼い猫の1日の行動を首輪で追跡「Catlog」の凄み

犬に比べると「猫は健康管理が難しい動物」

猫の生活をテクノロジーで見守る企業、RABO。写真はオフィスにて、社長の伊豫愉芸子氏と、飼い猫でCCO(Chief Cat Officer)のブリ丸。猫と人が共に快適に過ごせるよう設計されたオフィスは飼い猫同伴OKだが、基本的に家にいたがる動物のため、複数のスタッフの飼い猫が一堂に集うことはないようだ(撮影:梅谷秀司)
この記事の画像を見る(6枚)

“猫ビジネス”と言うと、猫をだしにお金儲けをするようで聞こえが悪い。しかし近年、猫のビジネス貢献度はうなぎ登りに上昇中だ。

ペットフード協会の調べによると、日本における2020年の猫の新規飼育者の飼育頭数は48万3000頭。前年に比べ116%の増加となっており、増加率はその前年の107%よりさらに高まっている。これはコロナによる巣ごもり需要の一種と捉えられる。すなわち、家にいることが増えた分、自宅で過ごす時間をもっと豊かに、大切にと考える人が増えたということだ。

当然ながら、猫にまつわる消費や市場も拡大している。

猫を飼う人が増加しているだけでなく、個々の消費金額も上昇傾向に。近年の傾向としては、猫が暮らしやすい環境を整えたり、健康面でのケア商品の市場が広がっていることが挙げられる。猫の健康をケアする猫フーズやサプリメントは当たり前で、さらに最近では、キャットウォークを取り付けた猫専用住宅なども話題となっている。

猫の健康を含め一生を見守るための商品

今回登場するRABOも、こうした市場で飛躍的な成長を見せる企業だ。
同社の強みは、猫の追跡技術と、それにより蓄えられた24億件に及ぶデータだ。これを活用し、猫の健康を含め一生を見守るための商品を開発・販売している。

核となる技術を開発したのは代表取締役社長の伊豫愉芸子(いよゆきこ)氏。

小さな頃から動物が好きで、実家で猫を飼っていたため、20数年、猫のいる生活が当たり前だったという。

東京海洋大学大学院時代に「バイオロギング」という、海洋生物などにセンサーをとりつけ、行動を追跡する研究に従事。さらに社会に出るとリクルートに入社、インターネットサービスやプロダクトの企画・開発を10年間担当した。この2つの経験をもとに2018年2月22日(猫の日)に同社を立ち上げたという。

次ページ猫の健康管理は大きな課題
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT