「料理に自信がない人」意外に多い、根本NG習慣1つ

「レシピ通りなのに…」と言う人の重大盲点は?

「時短」で「おいしく」「簡単に」しかも「無添加」の料理がどんどん作れてしまう「5つの魔法の調味料」。最大限おいしく料理するためには、意識するべきコツがあった(写真:buritora/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
食品添加物の現状や食生活の危機を訴え、新聞、雑誌、テレビにも取り上げられるなど大きな反響を呼んだ『食品の裏側』を2005年に上梓した安部司氏。70万部を突破する大ベストセラーとなり、中国、台湾、韓国でも翻訳出版され、いまもなおロングセラーになっている。
その安部氏が、『食品の裏側』を発売後、全国の読者から受けた「何を食べればいいのか?」という質問に対する答えとして、この度『世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ』を上梓した。
15年の間に書きためた膨大なレシピノートの中から、たった5つの「魔法の調味料」さえ作れば、簡単に時短に作れるレシピを厳選した1冊だ。
同書は発売後、たちまち4刷を突破し、各メディアで取り上げられるなど、話題となっている。
今回は安部氏が全国各地で長年、料理教室を開いてきた経験から、「『料理に自信がもてない人、苦手な人』のたった1つの悪習慣」について語る。

「安部ごはん」が日本の食卓を変えつつある⁉

先日発売した『世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ』がおかげさまで売れ行き好調で、大変ありがたいことだと思っています。

『世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

実際にあのレシピで料理を作ってくださった方からの声も、たくさん寄せられています。

「普段、台所に立たないお父さんが『安部ごはん』を見て『生姜焼き』を作りはじめたら、それを見た子どもが『自分もやってみたい』といって、すり鉢でゴマをすって『ごまドレッシング』を作りました。親子の会話が弾んで、野菜嫌いの子どもが『フルーツサラダ』を山盛り食べたのには、びっくりしました

「レシピを見て、作ってみたら、信じられないほど時短でおいしい料理ができました。仕事で疲れて帰ってきた日も、魔法の調味料があれば『何か作ろう』という気になります

などなど。これぞ私が期待していたことでうれしい限りですが、その一方で、実は「こんな声」もありました。

安部氏が開発した「魔法の調味料」の1つ「たまねぎ酢」さえ用意すれば、5分で簡単に作れる「彩りサイコロフルーツサラダ」(撮影:佳川奈央)
次ページ一方では、「こんな声」も…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT