東大留学生は英語ができない…試験を変えろ!

日本の英語教育を変えるキーマン 斉藤淳(4)

斉藤:僕が声を大にして言いたいのは、日本の大学入試問題作成の現場を見ると、英語の運用能力が不十分だったり、テスト理論をまったくわかっていない人たちが問題を作っているということです。

安河内:4技能試験になると、出題のプロがやりますから。しかも、出題に対しても厳しい目が向けられるはずです。いい傾向になると思いますよ。

陳腐な言葉に聞こえるかもしれませんが、この“グローバル化”の時代に入試が変われなければ、日本の国益を損失すると言ってもいいくらいです。

斉藤:おっしゃるとおりです。国の利益にかかわることだから、われわれも真剣に議論しているわけで。

根性主義が日本の国益を損失させる

安河内:よかったですよ、斉藤先生とお会いできて。これで共闘していって、盛り上げていける。先生と話してわかったのですけど、お互いに合理主義者でしょ。

斉藤:徹底して。

安河内:私も能率、合理主義。懐古主義、根性主義は大嫌い。

斉藤:本来、英語の勉強も大学入試も修行じゃないですもん。

安河内:辞書がボロボロになるまで意味調べしろ、本文をきれいに写して全文和訳しろって、それが英語力と何か関係ありますか?ということです。そこで生まれるタイムロスが、どれだけの国益を失わせていることか。

斉藤:日本人にとって、英語の能力を身に付けるということは収益性の高い投資だったので、実際に英語の能力を身に付けた人たちは英語教育の場に残らなかったのでしょうね。どんどんほかの業界に吸い出されていった。そうやって、実務に使える英語能力を身に付けられなかった人たちが教育の場に残っちゃった、というのがあるんじゃないかなぁ。

安河内:特に塾・予備校は敷居が低いです。たとえば、脱サラして塾を始めて中学生に英語を教えているという人もけっこういるのですよ。どうしてそれができるかというと、高校受験のための対策は、まぁ、大学受験もそうなんですけど、英語がまったくできなくてもやれちゃうのです。

斉藤:教える側が、話せない、書けないと、本来、何が大切か生徒にうまく伝わらないという問題がありますね。

安河内:問題集の解説をそのまま話すとか、ある程度の基礎的な知識で、やれちゃうんですよね。

まぁ、しかし、何度も言いましたが、実際に改革の歯車はすでに動き始めて変わり始めたわけだから、これを止めないようにしなくちゃいけない。そうすれば、塾や予備校も変わる。

斉藤:今までの時代遅れなやり方を確実に変えていく、その第一歩を記すことが大事です。

安河内:そうですよね。うれしいです、今日は仲間をひとり増やせた気分ですよ。こうやって強力なキーパーソンに、取材を名目に会い、共闘する人を増やしていくということが、今とても重要なのです。キーパーソンをネットワーキングして大きなムーブメントにしていくということです。

斉藤:高校の先生方もね、現場では気づいていながら、入試問題がこうだからという思いを抱えていた人はたくさんいると思いますよ。

安河内:そうだと思います。そういう先生方ともぜひ協力しなければなりませんね。大学入試と、それにくっついている予備校業界のど真ん中から、解体再生していきます。斉藤先生、よろしくお願いしますね。

斉藤:いや、本当に、ぜひやっていきましょう。

安河内:今日は本当にどうもありがとうございました。

斉藤:ありがとうございました。

(構成・撮影:宮園厚司)

 

【イベント情報】
安河内哲也×斉藤淳 徹底対談! 非ネイティブの英語力・教養力

日時:9月26日(金) 午後7時~
会場:西武池袋本店別館8階池袋コミュニティ・カレッジ 4・5番教室
参加チケット:1000円(税込)
チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
お問合せ・ご予約:リブロ池袋本店 03-5949-2910
(主催:リブロ池袋本店 後援:KADOKAWA、NHK出版)
詳細はこちらまで

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT