音楽で成功した人=最高の仕事人である納得の訳

音楽に不可欠な要素はビジネスにそのまま通じる

「音楽はすべての扉を開くマスターキー」という意味は?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

創造思考: 起業とイノベーションを成功させる方法はミュージシャンに学べ』(パノス・A・パノイ、R・マイケル・ヘンドリックス 著、大田黒奉之 訳、東洋経済新報社)は、ミュージシャン兼プロデューサーであるファレル・ウィリアムスに関するトピックからスタートする。

ポップ・ミュージックに多少なりとも関心のある方なら、彼のことは間違いなくご存じだろう。1990年代にチャド・ヒューゴとのプロデューサーズ・ユニット、ザ・ネプチューンズとして頭角を表し、ソロ名義でも数々の大ヒット実績を樹立。ダフト・パンク、ジェイ・Z、ジャスティン・ティンバーレイク、ロビン・シックらとのコラボレーションを通じて11個ものグラミー賞を受賞、オスカーにもノミネートされた人物だ。

そればかりかデザイン・ディレクターとしても、アディダス、シャネル、リーボック、ティンバーランドのスニーカーを生み出し、ルイ・ヴィトンのメガネと宝石、モンクレールのダウン・ジャケット、コム・デ・ギャルソンの香水も開発している。

ここで紹介されているのは、そんな彼の、スカイプを利用したバークリー音楽大学での講演での一説。彼の価値観が明確に反映されているといっていい。

ビジネスパーソンに求められるべきあり方

「音楽はすべての扉を開くマスターキーなんだ」。ファレルは続けてこうも言った。自分が多くのベンチャー・ビジネスで成功できたのは、レコーディング・スタジオで得たマインドセットのおかげであり、それは自分の直感に従い、他社とコラボし、自分の声を信じ、新たな表現の捌け口を探究することだと。(「PRELUDE」より)

なお、この言葉は本書のコンセプトにもつながっている。それはすなわち、これからの時代の起業家、もっといえば、すべてのビジネスパーソンに求められるべきあり方だ。

端的に言えば、「昨日まで続けてきたことをこれからも続けていけば、なんとなく生きていけるだろう」というような時代は終わったということ。いや、生きてはいけるのかもしれないが、それでは可能性を形にすることはできないのである。

次ページ何が必要なのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT