産業リサーチ(ゲーム) 飽和するソフト、高騰する開発費が課題に

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が展開する家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)2」の累計出荷台数が、2002年末時点で5000万台に達した。
 発売後2年10カ月たらずでの大台突破は、前機種のPSより1年2カ月早い。任天堂が展開するゲームキューブの1000万台(推定)、マイクロソフトが展開するXboxの800万台を大きく引き離して、独り勝ちの状態だ。
 早くから有力ゲームソフトを囲った戦略のほか、通常のDVD再生機器としても利用できることが、普及促進につながったといえる。
 一方で国内ゲームソフトの市場規模は縮小している。1997年の5832億円をピークに、2001年には3685億円にまで落ち込んだ。ユーザーがゲームに飽きてきたことがその要因ともされており、ユーザーを満足させるために開発費も高騰するなど、ゲームはハイリスクなビジネスになってきている。
 そうした状況下において、ついにゲーム業界の再編が本格的に始まったことを印象づけたのが、2002年11月に発表されたスクウェアとエニックスの合併話だった。
 スクウェアは「ファイナルファンタジー」、エニックスは「ドラゴンクエスト」といった二大人気タイトルを保有している数少ない勝ち組同士の合併で、今後のさらなるゲーム機の高機能化や競争激化に今から備えているところに、両社の危機感がうかがえる。
 また、業績不振が続いていたセガが、パチスロ最大手のサミー、業界大手のナムコと相次いで合併話が浮かんだが、セガは拒否。セガの連結累積損失は1180億円に達するが、同社の保有するソフトのライブラリーがあり、誰もがのどから手が出るほど欲しい、貴重な資産でもある。これを武器に、当面は独自の経営戦略を実行する予定だ。
 コナミは中堅ソフトメーカーのハドソンの買収だけではなく、フィットネスクラブ経営のコナミスポーツ(旧ピープル)等、M&Aによる拡大、多角化を進め、リスクヘッジを図っている。
 カプコン、コーエー、テクモは今のところ単独展開を標榜しているが、数年後にはこれら各社をも巻き込んだ再編が巻き起こる可能性がある。そうすれば、業界地図はまったく様変わりしてくるかもしれない。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT