フランス人が考える離婚後の「父親」の重要な役割

子どもとの関係続けていくために必要な事とは

ステファンは、離婚を経験している多くのフランスの父親同様に2週間おきに娘と生活をし、休暇の半分を一緒に過ごしています。娘が月曜日の朝、家を出るとき彼は、「子どもたちの関係は近頃、より強く、個人的なものになってきた」と感じると言います。

一緒の住んでいた時は娘にも自身の予定があり、家で顔を合わせていたものの、同じ時間を共有しているわけではありませんでした。しかし、今娘といる時は、完全に同じ時間を共有することができていると言います。

ステファンさんのように、離婚後のほうがはるかに興味深い関係性を築くことができている、と話す父親は少なくありません。それは、一緒に住むよりは短時間かもしれませんが、より濃密な時間を過ごせるようになったからでしょう。

ある日突然、子どもが現れた

デザイナーのCCは上記の人たちとは少しちがう経験をしています。彼によると、ある日突然、誰かが玄関のチャイムを鳴らし、ドアを開けるとそこには20歳の青年が立っていました。彼はなんとCCの息子だというのです。実はCC自身、子どもがいることを知りませんでした(元パートナーから伝えられていなかったのです)。

今では父子2人の名前が社名となっている会社を2人で経営しています。CCは息子の幼少期に子育てや教育にまったくかかわることができなかったわけですが、それでも2人の大人としての関係を築き始めればいいのです。

子どもは両親を持つ権利を有していますし、両親を必要としています。実父は子どもにとってかけがえのない役割を担っています。両親が別れることになったとしても、子どもにはどちらの親ともつながる権利があります。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT