フランス人が考える離婚後の「父親」の重要な役割

子どもとの関係続けていくために必要な事とは

この新しい生活では、マチューの1カ月は複数の期間に分かれており、彼女の子どもたちだけと過ごす期間もあれば、彼女の子どもとフランシーヌの子どもを含めた6人の家族で過ごす期間もあります。もちろん最初は簡単なことではなかったそうですが、マチューの息子たちは新たに2人の兄弟を得たことを嬉しく思っており、今ではお互いを尊重しながら休暇などはともに楽しく過ごしていると言います。

しつこいと思われない程度に連絡を取る

東京に住んでいたアメリカ人ミュージシャンのマイクもまた、子どもと良好な関係を築いている1人です。彼は日本人妻から出産後まもなく離婚を求められた際、契約書を作り条件をつけることにしました。

これによって彼は娘と面会を続けられるほか、何が起きても彼女と連絡を取り合うことが可能になったと言います。娘が20歳になった時、彼女はロサンゼルスの彼のもとを訪れ、彼のアメリカ人の家族と一緒に過ごしたいと言ったそうです。

しつこくないと思われない程度に連絡を取り合う、面倒臭いと思われないようにする。そして、元パートナーとは初めの頃のように可能な限り良好な状態を維持するようにする……。私が話した離婚を経験した父親の多くは、「辛抱」が重要なキーワードだと口を揃えます。

もちろんマイクは多くの大切な場面に立ち会えていませんし、長い間月に数日しか娘に会うことができませんでした。しかし、現在彼は愛と信頼に基づいた素晴らしい関係を娘と築いていると感じているそうです。

「世間の認識の通り母親が命を与える存在であるならば、父親はその命に生を与える存在である」と、著名な小児科医であるアルド・ナウリは述べています。この言葉は、2年前に離婚したばかりのフランス人の父親であるスティーブンの意見を裏付けます。

彼は20代前半の2人の息子と、もうじき15歳になる娘の3人の子どもの父親です。彼は自身を「père attentionné(面倒見のいい父親)」で、子どもたちとは近すぎない親しい関係を保っており、つねに子どもたちの「心の拠り所」でありたいと考えています。

次ページ離婚後、子どもとの関係がより興味深いものに
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT