元レンタル彼氏「大学で男の生きづらさ研究」の訳

ネオヒューマンに見る「利他的な愛」という希望

かつて「レンタル彼氏」として働いていた小埜功貴氏は、現在、東京工業大学大学院で「若年男性の生きづらさ」について研究しているという(写真はイメージ、Ushico/PIXTA)
イギリスのロボット科学者であるピーター・スコット-モーガン博士は、全身の筋肉が動かなくなる難病ALSで余命2年を宣告されたことを機に、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだ(詳しくは「人類初『AIと融合』した61歳科学者の壮絶な人生」参照)。
「これは僕にとって実地で研究を行う、またとない機会でもあるのです」
人間が「サイボーグ」となり、「AIと融合」するとはどういうことか。それにより「人として生きること」の定義はどう変わるのか。
世界で発売直後から話題騒然の『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』が日本でも刊行された。
本書を読んで「生きづらさを感じている多くの人、特に若い人に読んでほしい」と語るのが、「元レンタル彼氏」という異色の経歴を経て、東京工業大学大学院で若年男性の「生きづらさ」を研究している小埜功貴氏だ。その見解を聞いた。

自身を生かすためにクリエイティブに奮闘する

『ネオ・ヒューマン』は、僕の研究テーマでもある「生きづらさ」という観点に通ずるものがあります。同性愛者であり、なおかつ難病をわずらっているピーター・スコット-モーガンさんは、そのハードルを、愛という利他的な精神と、自身を実験台にしてサイボーグ化するという超越的な大計画によって乗り越えていこうとしています。

『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

ロボット工学という科学を駆使して、自身をより生かすために奮闘する姿は、とても実存的であり、クリエイティブであり、生きるにあたっての熱情を見出すことができます。

「すべての人間は、生まれながらにして宇宙を変える権利を手にしている」「自分は石ころだらけの月面を探索したいわけじゃないんだってことをね。僕は、宇宙をワープで旅したいんだ!」といった彼の言葉には、僕自身、かなり触発されました。

この姿を、普段の日常にもどかしさを抱え、鬱々と過ごしている方々にぜひとも読んでいただきたいと強く思います。

次ページ学費のための「レンタル彼氏」に引け目を抱えていた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT