婚活に苦戦する恋愛未経験36歳の残念すぎる理想

毎日の連絡、デート4回目の手つなぎを拒絶…

「私が社会人になった年に祖父が亡くなり、そこからは、母、祖母、私の女3人で暮らしていました。その祖母が昨年、亡くなったんです。祖父が死んだときも悲しかったけれど、私も若かったから、自分のこれからの人生について特別考えることはなかった。でも、祖母が亡くなって、“人の命って限りあるものなのだな“というのを痛感したんです。もし母が亡くなったら、私はひとりぼっちになってしまう。急に心細くなって、これからの人生を一緒に歩んでいけるパートナーが必要なんじゃないかと考えるようになったんです」

こうしてスタートした婚活だった。

登録して2週間経つも活動せず

童顔でクリンとした瞳が印象的なめぐみは、年齢よりもずっと若く見えた。また、今の婚活市場では、36歳はたくさんの見合いが組める年齢だ。サイトに登録すると、連日驚くほどの申し込みがかかった。

だが、めぐみはどれも受けようとしなかった。また、自分から申し込もうともしない。登録してから2週間が経ち、活動をする気配がないので、一度面談をすることにした。

申し込まれているお見合いのなかから、仲人見でよさそうな人を選び出し、めぐみに勧めてみた。

「このメーカー勤務の男性は、どう?」

「この方、長男で一人っ子だから、将来的に親御さんの面倒を見ないといけないですよね。それに、住んでいる場所がちょっと遠い。母を置いて嫁に行くわけですから、母に何かあったときに、すぐに様子を見に帰れるところに住みたいんです」

「この国家公務員さんは?」

「10も年が上で、もう50歳が見えていますよね。50歳って、なんかオジサンに思えて」

「こちらの男性は?」

「年収が低いかなって。それに高卒だし。私が大卒だから、やっぱり大卒の人がいいです」

あれこれと理由をつけて、誰とも会おうとしなかった。そこで、私は言った。

「まずは、お会いしてみないと何も始まらないですよ。例えば、めぐみさんの挙げている条件をすべて満たしている人がいても、お会いしたら全然考えていたのとは違ったという場合もある。プロフィールというのは条件が提示されているだけで、お人柄はわからない。理想ばかり追うのではなく、どんどんお会いしてみましょう」

次ページ婚活では理想ばかりを追ってはいけない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT