婚活に苦戦する恋愛未経験36歳の残念すぎる理想

毎日の連絡、デート4回目の手つなぎを拒絶…

手をつなぐタイミングは、カップルによって違うだろう。すでに成婚したカップルなのだが、36歳男性が39歳のバツイチの女性とお付き合いに入ったときのこと。3回目のデートで、女性から手をつないできた。そのとき男性はこんなことを言っていた。

「僕には恋愛経験がほとんどないから、彼女みたいに積極的にしてくれるとすごく楽だし、手をつないできてくれてうれしかった」

また、恋愛経験のない31歳の女性は、3回目のデートで男性から手をつながれた。そのときにめぐみとまったく同じことを私に聞いてきた。

「男性と手をつないだのは初めての経験だったので、びっくりしてしまいました。みなさん、3回目のデートで手をつないだりするんですか? これが、普通ですか? でも、つながれても嫌な感じはしませんでした」

そして、この女性はその後、この男性と真剣交際に入り成婚していった。

半年で10人の男性に巡り会うも…

“生理的に合う“”合わない“とは、異性と付き合うときによく言われることだが、これは手つなぎなどのスキンシップをしたときにわかる気がする。触れ合ったときに違和感がある異性とは、生理的に合わないのだ。

入会から半年、めぐみの婚活は苦戦続きだ。しかし、これまでまったく男性と付き合ったことがなかった彼女が、すでに10人以上の男性と見合いをし、数名と交際に入り、食事をしたり、デートを重ねたりしている。自然の出会いに身を任せていたら、半年で10人の男性には巡り会えないだろう。

ある面談のとき、めぐみは「これまで男性を避けてきたのは、すぐにキレて暴力を振るう父の残像があったからだと思う」と、自己分析していた。また、「穏やかで家事も進んでやっていた祖父を見て育ったので、家のことを女性任せにする男性は受け入れられない」とも言っていた。

めぐみに、心から信頼し好きになれる男性がいつかは現れてくれることを、願いたい。

今や結婚は個人が選択する時代だ。 “結婚してこそ一人前“という考え方は、過去のもので、もう古い。結婚したいという気持ちがある間は、納得するまで婚活を続ければいい。そして、自分には合う男性がいないと思ったときには、1人で生きていく覚悟を決めて腹をくくれば良いと、私は思っている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT