婚活に苦戦する恋愛未経験36歳の残念すぎる理想

毎日の連絡、デート4回目の手つなぎを拒絶…

どの婚活者だって、自分が結婚する相手なのだから、誰でもいいとは思っていないだろう。ただ、めぐみのように恋愛経験がないと、どうしても男女の付き合いを頭で考えてしまいがちだ。

そんなときは、年収にしろ、学歴にしろ、住んでいる地域にしろ、譲れない条件はたった一つにするといい。

例えば、結婚後も今の仕事を続けたいなら、相手の住んでいる地域を譲れない条件にする。派遣社員やパートなどで収入が安定していないなら、安定した職業の男性を選ぶ。自立しているなら、男性の見た目や年齢などの理想は通して、年収にはこだわらない。

そして、まずはリアルに会ってみて、自分がどう感じるかを確かめてみることが大事なのだ。

「お相手のことを好きになると、多少の欠点が見えてもそれに目をつむれるようになるんですよ。だから、まずはお見合いしてみましょうね」

毎日送られるLINEは普通なのか

その後、数名と見合いをしたのだが、いつもめぐみからお断りを出していた。そんななか、39歳のよしゆき(仮名)には初めて交際希望を出し、交際に入った。すると、こんな連絡が来た。

「毎日LINEが来るんですけど、これって婚活では普通のことですか? しかも、朝の『おはようございます』から始まって、夜は『こんばんは。今日はこんなことがあって』って。お見合いで1時間くらいしか話していないのに、その日にあったことを恋人気取りで報告してくるのには、違和感があります」

そこで、私は婚活で結婚していくというのは、どういうことなのかを説明した。

「例えば、職場とか趣味のサークルとか、生活圏内での出会いは、自然にコミュニケーションを取っているうちに相手を好きになる気持ちが育って、そこから恋人関係になりますよね。そして恋人の時間を重ねていくと、結婚する気持ちが育って結婚をする。すべてが気持ち先行で、恋人になることも結婚することも結果なんですね。

ところが、婚活の出会いというのは、まずはプロフィールで相手の情報を知って、1時間程度のお見合いをして、交際に入る。結婚を目的とした出会いだから、まだ人柄を知らないうちから、結婚に向かって2人は歩き出すんです。でも、まだ人柄もわかっていないし、“好き“という気持ちも育っていないの。だから、なるべくたくさんコミュニケーションを取って、お互いを急速に知っていくことが大事なんですよ」

「それでも、毎日のLINEは意味がないような気がするんですけど」

「婚活におけるLINEは連絡ツールではなく、コミュニケーションツールと考えたほうが良いんですね。なぜかといえば、会う日程を決めるだけのものとして使っていると、週末会えなかったら、2週間も3週間も連絡が途絶えてしまう。婚活って、お付き合いがスタートしたときが一番テンションが高いの。まだ人間関係ができあがっていないときは、上がっているテンションがいったん下がると、二度と上がらないんですよ」

次ページ成婚カップルが行っているLINEの中身
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT