日本よりも小国のスイスが超豊かな国になれた訳

物価も世界一「ビッグマック」の価格はなんと倍

なぜ日本と同じように資源のないスイスが豊かな国になれたのか? (写真:bluejayphoto/iStock)
資源がなく、もともとは畜産業が盛んだった欧州のスイス。それにもかかわらず、今では世界中の富裕層から資産を集める金融国家になれた理由とは? スイスが超豊かな国になれた歴史事情を、ファイナンシャルプランナーの渡邊一慶氏の新刊『定期預金しか知りませんが、私、本当にお金持ちになれるんですか?』より一部抜粋・再構成してお届けする。

渡邊一慶(以下、渡邊):では、世界の富裕層がどのように資産運用をしているのかを紹介します。今回は、アメリカ型の攻撃的な資産運用ではなく、ヨーロッパ型の守備的な資産運用を一緒に学んでいきましょう。そして、ヨーロッパの中でも資産運用で有名なスイスに焦点を当てて、スイス流の資産形成方法を紹介しますね。

なぜスイスは「超お金持ちの国」になれたのか?

――スイス流の資産形成方法ですか! スイスって、アルプス山脈などきれいな景色が多く、観光のイメージがあるんですが……金融業も有名なんですか?

渡邊:もちろんです。富裕層の資産管理を専門に行っているプライベートバンクは、スイスが発祥です。しかし、スイスが昔から金融業を得意としていたわけではありません。かつてのスイスは、日本と同じように資源に恵まれず、畜産業を営んでいたんです。豊富な自然を生かして、チーズやバターの生産をして生計を立てていたんです。日本でも人気があるチーズフォンデュは、スイスの郷土料理なんですよ。

――スイスのチーズなんて、セレブ感があっておいしそうですね。あ、それと、スイスといえば時計のイメージがあります。

渡邊:たしかに、時計産業も有名ですよね。スイスの時計産業は、18世紀にブレゲの創業者であるアブラアン・ルイ・ブレゲによって、世界中に広まりました。ロレックスやオメガ、パテックフィリップなど、現在でもビジネスマンの多くが身につけている高級時計は、スイス製が圧倒的に多いです。

――そういう意味では、スイスは知的なイメージもありますね。

渡邊:はい。実際、スイスは優秀な人材が世界中から集まる国としても知られ、教育水準も世界最高峰といわれています。スイスのボーディングスクールは全寮制の寄宿学校で、世界中から富裕層のご子息やご令嬢が留学をし、高度な学力と国際的な教養を身につけます。1年間の学費が1000万円を超えるような学校も多数あるんですよ!

次ページなぜプライベートバンクが発展したのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT